施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

スポーツ歯科とは&役割



スポーツ活動を妨げるような病気などに適切に対応するための学問として、スポーツ医学があります。その中で歯科医師が受け持つ分野が「スポーツ歯科」です。スポーツ歯科とは、スポーツに起因する歯科的な外傷を予防し、選手本来の能力を最大限に発揮できるよう歯学的な観点から管理することです。

スポーツ歯学の意味

スポーツ歯学の意味

スポーツ歯学は1990年(平成2年)、FDI(国際歯科連盟)により「すべてのスポーツ競技を通じて適切なスポーツ活動の選択、助言、診査、監督と、また必要に応じて治療を行ない、さらに専門的情報を提供することを目的とする特別な歯科医学の部門」と定義されています。スポーツに関する外傷予防、運動能力の維持、向上などを歯学医学的にアプローチする学問かつ研究分野かつ治療内容です。

日本におけるスポーツ歯科の歴史

日本におけるスポーツ歯科の歴史

現在、日本のオリンピック代表選手に対するメディカルチェックは歯科、内科、整形外科の3科が義務づけられています。歯科検診が始まったのは、1988年(昭和63年)のソウルオリンピックからです。

1990年(平成2年)にはスポーツ歯学研究会が発足し、2000年(平成12年)から日本スポーツ歯科医学会となって、最新の研究成果や情報を発信しています。

スポーツ歯科の役割

スポーツ歯科の役割

スポーツの目標は競技パフォーマンスの向上だけではありません。健康を保持し増進することによって、健康で快適な生活を送ることができるQOL(生活の質の向上)の向上に寄与する役割を持っています。

スポーツ歯科も同様で、スポーツ選手のみならず誰もが積極的に安心してスポーツによる健康づくりに励むことができるよう、歯科の観点からサポートする活動です。マウスガードの普及による顎顔面口腔領域においてのスポーツ外傷の予防を啓蒙しています。

スポーツに起因する歯科的な外傷

スポーツに起因する歯科的な外傷

歯、口の周りの外傷には、あごの骨の骨折、歯が折れる、歯肉のけがなどがあります。その原因としては主に交通事故、スポーツ、殴打などが挙げられ、スポーツに起因した障害の占める割合は2005年(平成17年)度の調査によると、21%と意外に多いのです。シートベルトやエアバッグなどの予防策が普及した交通事故による外傷が減る一方で、スポーツ外傷は大きく増えています。

スポーツの種目は20種類以上にもおよび、ラグビー、スキー、野球、サッカー、バスケット、格闘技などで発生頻度が高くなっています。選手同士が競技中に接触する、いわゆるコンタクトスポーツでの発生がどうしても多くなります。試合中と比較すると練習中の方が、また選手のレベルが低い方が外傷は発生しやすいことも報告されています。

マウスガードの役割

マウスガードの役割

スポーツに起因する歯や周囲組織のけがを予防したり、ダメージを軽減したりするために、口の中に装着する柔らかい樹脂でできた装置をマウスガードといいます。ボクシングやキックボクシングなどの格闘技や、アメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツの競技を行なう際には、マウスガードの装着が義務づけられています。アイスホッケーやラクロスなど一部が義務づけられているものもあります。

マウスガードは自分自身の歯や顎を守るだけでなく、相手を傷つけるのを防ぐという大切な役割も担っています。運動能力を向上させ、本来の力を引き出すとのに役立つともいわれています。