施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

これからの歯科は治療より予防重視で



一度、虫歯や歯周病になってしまうと、治るまでにはある程度の時間を要します。神経を抜かなければいけないような状態になってしまうと、たった1本の治療で何ヵ月もかかったり、虫歯にあふれた状態ではすべてを治すのに数ヵ月を要したりすることも少なくありません。

こうした治療の負担を軽減するためには予防を目的に歯科医院を利用しましょう。歯科医の指導やアドバイスをもとに日頃からセルフケアを心がけて健康な歯を守る、そんな歯へのアプローチが浸透しつつあります。

予防によって歯を守るメリット

予防によって歯を守るメリット

健康な歯を守ることは毎日の正しい歯磨きから始まります。万が一、虫歯や歯周病になっても予防のために歯科医院に定期的に通っていれば、治療にかかる時間も費用も節約することができます。

日本人は虫歯が多いといわれますが、その原因のひとつに予防意識の欠如が考えられています。定期的に歯科医院に通い予防に力を入れれば、膨大な医療費の削減にもつながります。歯科にとっても顧客となる患者を確保することができ、安定した経営によって良質の歯科医療を提供することができるのです。

歯科予防を実践する歯科医院からの提案

歯科予防を実践する歯科医院からの提案

実際に歯科予防を実践している歯科医院では、三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)を予防し悪化を食い止めるひとつの方法として、歯周病の治療と予防を提案しています。また、アンチエイジングの観点からも、若々しさを増進させるための歯科予防を提唱しています。美しい歯列を積極的に維持・増進することが顔立ちを引き立てるのに役立つと考えられているのです。

虫歯に加えて歯周病の危険性など、ある程度は認知されるようになりましたが、さらに一歩踏み込んだ総合的な口腔ケアの予防の実践が必要だと提案しています。

定期検診の意義

定期検診の意義

予防を重視して歯を守るにあたり、基本となるのは定期検診です。虫歯のチェックはもちろん、歯の掃除や口内の状態に応じた日常生活での予防対策をアドバイスしてもらいます。

虫歯にはなりやすい人となりにくい人があるため、歯磨きをそれほど丁寧に行なっていなくても虫歯にならない人がいる一方で、日々、熱心に磨いているのにもかかわらず虫歯になってしまう人もいます。よって、それぞれの口腔内の状況や虫歯リスクを考慮した日常のケアが大切です。

虫歯になっていないのだから歯医者には通いたくないと考える人は多く、従来からのイメージで歯科と聞くだけで構えてしまう人も少なくありません。しかし、3ヵ月から半年くらいに1度、定期的に診てもらうだけで予防歯科の効果は十分に現れます。

せっかく治療をしても、きちんとしたケアができていなければ虫歯や歯周病は再発します。自身では丁寧に歯磨きをしているつもりでも、歯の隙間や歯周ポケットの深い部分の細菌は除去しきれない場合があるので、定期検診の受診が欠かせないのです。

予防歯科で行なわれること

予防歯科で行なわれること

定期検診といえば歯と歯肉のチェックや歯磨きの指導が、まず思い浮かびます。続いて歯石の除去や歯のクリーニングなどもしてもらいますが、口腔内の状態はひとりひとり異なることからこれら以外の施術が必要になる場合もあります。

例えば歯周病のリスクが高い場合、キュレッタージと呼ばれる施術が行なわれることがあります。歯周ポケットと称される歯と歯ぐきの境目をクリーニングする方法で、通常の歯磨きだけでは磨ききれない部分をきれいにすることによって歯周病のリスクを抑えます。

また、虫歯のリスクが高い場合は、予防効果を高めるための3DSという施術が用いられることがあります。フッ素や抗菌剤を確実に塗布することによって虫歯の予防効果を上げ、リスクを軽減させるものです。