施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科の高額治療における
トラブルを防ぐために



健康な歯への関心が強まる一方で、歯科医療をめぐるトラブルが急増しています。その中でも近年、増えているのが高額な治療を求められる高額治療トラブルです。歯科医院の増加に伴って競争が進む中、反対に価格の安さをアピールする医院も生まれ、料金設定に大きな差があるためトラブルは各地で多発しています。

安ければ良い、高ければ良いと価格のみにとらわれることなく、価格も内容も納得のいく治療を受けられるよう、細心の注意を払って歯科医院を選ぶことが大切です。

歯の治療費のしくみ

歯の治療費のしくみ

歯科治療には、健康保険の対象にあたるものと、それ以外の自由診療があります。健康保険の利用により国が治療費の一部を負担する保険診療に対し、患者自身がすべての治療費を負担するのが自費診療です。

保険診療は基本の治療で、虫歯や歯周病など一般的な疾病に対応します。必要最低限の治療のみとされ、レントゲン撮影や抜歯など、処置ごとに加算された点数の合計で治療の費用が決まります。働く世代は3割を自己負担し、残りを健康保険が負担するため1回の治療で自己負担する金額は数千円が平均的です。

これに対して歯列矯正や歯を白くするホワイトニングなど美容が目的となる治療は、保険の適用外にあたります。インプラントやセラミックなども自由診療となるわけです。

保険診療と自由診療の併用

保険診療と自由診療の併用

保険対象の治療とそれ以外の治療を同時に行なうことを混合診療と呼び、日本の医療では認められていません。ただし、歯を削ったあとや抜歯のあとの処置に限っては、患者の希望により保険診療から自由診療に移行することができます。

口の中の健康状態によって保険診療か自由診療かを判断する場合もあります。たとえば虫歯や歯周病になっている人が歯磨き指導を受けた場合は保険の適用となり、虫歯も歯周病もない人は自由診療になるといった具合です。

トラブルが多い審美治療と矯正治療

トラブルが多い審美治療と矯正治療

虫歯や歯周病などを処置する一般的な歯科治療に加えて、見た目や機能性を追求するのが審美治療です。よって、そのほとんどが自由診療となります。また、矯正治療も多くが健康保険の対象外となるため、主に自由診療です。ともに歯科医院が決めた治療を全額自己負担するためトラブルが起こりやすくなります。治療の内容、費用、保証など歯科医院によって異なるので、十分に話し合い、納得したうえで治療を進めることがなにより大切です。

審美治療や矯正治療でトラブルを避けるポイント

審美治療や矯正治療でトラブルを避けるポイント

治療を始める前に見積書などが提示されますが、そこに示された治療にかかる費用以外は不要であるかどうか、必ず確認しましょう。医院によっては治療計画の立案や指導など医学管理の費用や、治療を受ける際の初診、再診料などの負担を求められることがあります。また、治療に伴ってケアグッズなどの購入が必要とされる場合もあるので、治療にかかる総額を事前に明確に知っておきましょう。

なお、治療期間中に作成した人工歯の作り直しが必要になる場合や、矯正器具の破損などアクシデントが起こる場合もあります。また、予定されていた治療期間より長引くケースも考えられます。その際にかかる費用についても、前もって確認しておくと安心です。仕上がりが満足できない場合の費用についても聞いておきましょう。

歯科の治療費が高額になった場合

歯科の治療費が高額になった場合

歯科の治療費が高額になった際は、確定申告を忘れないようにしましょう。医療費控除の申告をすると、1年で10万円を超えた分、課税される所得が減ります。毎回、発行される治療費の領収書や薬を処方で支払ったレシートなど紛失しないように保管しておきましょう。医療費控除は生計を一にする世帯が対象になります。

治療費のトラブルを防ぐための医院選び

治療費のトラブルを防ぐための医院選び

最新設備の充実をPRするだけでは、実際にそれを使いこなし結果が得られているかどうか分かりません。その機械をどう使っているか、さらに治療実績についてなど不明な点は確認しておきましょう。

症例数の多さもPRされていますが、症例数には失敗した数が含まれている場合もあります。治療結果も明らかにされているか注意しましょう。

歯科医師がアピールしている歯科医療関連の認定医の資格には様々なものがあります。学会にお金を払ったり、参加するだけで取得できる資格もあることを覚えておくと安心です。

費用は説明の詳細もなく金額が書かれていたり、安い金額や高い金額がPRされている場合、注意が必要です。治療内容と総額が適正かどうか、しっかり見極めてから治療を開始しましょう。