施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

日本歯科医師会が推進する
「8020運動」とは



8020運動とは、80歳になっても自分の歯を20本以上保とうと呼びかける運動です。生涯にわたって自分の歯でものを噛み、食べる楽しみを味わえるよう推進するために1989年(平成元年)、当時の厚生省と日本歯科医師会が提唱したことから始まりました。

8020運動の数字の意味

8020運動の数字の意味

8020の中で「80」は男女を合わせた平均寿命(8020運動が始まった1989年(平成元年)当時の値)を表し、生涯のことを意味しています。

「20」という数字は、自分の歯で食べられるために必要な歯の数です。20本以上の歯があれば、硬い食品などもほぼ満足に噛めることが今までに行なわれた調査で科学的に証明され、食生活が楽しめるといわれています。

8020運動の実態の推移達成率

8020運動の実態の推移達成率

8020を達成している高齢者は近年、増加しています。この運動の開始当時、達成率はわずか7%ほどで10人に1人にも満たない状況でしたが、2005年(平成17年)の厚生労働省の歯科疾患実態調査によると24・1%と大幅に伸びていることが分かりました。さらに、2011年(平成23年)の調査では達成者の割合が推定で38・3%に達したことが発表されています。

ただし、高齢者人口が増えているため、一方では8020を達成していない高齢者も増加の傾向にあります。高齢者全体の歯の状態は良くなりつつありますが、不自由を感じている人が多いのも現状です。

8020運動を阻む原因

8020運動を阻む原因

8020運動が定着し、意識を持つ人が増える中、歯を失う最も大きな原因として問題になっているのが歯周病です。生活習慣病のひとつとされ、初期段階の人を含めると成人の80%以上がかかっているといわれます。

生活習慣の乱れが歯周病につながるので、規則正しい生活を心がけ正しい歯磨きなど毎日の手入れを怠らず、歯科医院に定期的に通うことが奨励されて、はじめて8020の実現につながるとされています。

8020運動達成のための対策

8020運動達成のための対策

8020運動には80という数字が示されているため高齢者のための歯科保健対策ととらえられがちですが、8020を達成するため実は大切なのが生涯にわたる歯科保健対策です。運動の意味を理解し、歯が生えた直後からの対策を取ることが重要です。

そのポイントは、いかにして歯の喪失を防ぐかにあり、2大原因となる虫歯と歯周病の予防が8020達成へとつながります。

また8020の達成者は日常の身体活動量が多く、体力のある健康な人が多いという報告もあります。噛む力は、第一大臼歯を1本失っただけでも3分の2程度に減少するということです。つまり、1本でも噛めない歯があると、ストレスを引き起こし、会話や笑顔の邪魔をしてしまいます。歯の喪失を防ぎ、生き生きとした生活を目指しましょう。

8020運動が目指す次のステップ

8020運動が目指す次のステップ

8020運動の次のステップとして現在、日本歯科医師会は8020運動の達成者が50%を超える社会=8020健康長寿社会の実現を目指しています。これは歯周病の重症化を防ぎ、さらに8020達成者を増やすことで健康長寿社会を作り上げていくということです。

8020達成者は、達成できない人よりもQOL(生活の質)を良好に保ち、社会活動意欲があることや、残っている歯の本数が多いほど寿命が長いという調査結果も出されています。

8020が達成できない場合

8020が達成できない場合

もし8020を達成できなくても、しっかりと噛むことができる義歯などを入れて口の中の状態を良好に保てば、健康な歯が20本ある場合と同様の効果を得ることが可能です。食べ物をきちんと噛むことができれば、QOL(生活の質)を良好に保つことができ、認知症のリスクが軽減するという調査結果も報告されています。

8020運動のための地域の活動

8020運動のための地域の活動

8020運動の一環として、各地域の歯科医師会でも歯科衛生士、保健師、行政などと協力して、様々な活動を行なっています。

  • 地域で行なわれている活動(1歳6ヵ月児・3歳児歯科検診、予防活動)
  • 保育園、幼稚園、学校における歯科検診
  • 職場、地域における歯科検診
  • 休日救急歯科診療
  • 心身障害者歯科保健活動
  • 在宅寝たきり高齢者訪問歯科保健活動
  • 歯科保健教育、相談事業