施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯の健康週間とは



「歯と口の健康週間」は、歯と口の健康に関する正しい知識の普及啓発のために行なわれています。歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見および早期治療等を徹底することで歯の寿命を延ばし、国民の健康保持増進に寄与することを目的として1958年(昭和33年)から実施されてきました。長年、「歯の衛生週間」の名称で展開していましたが、歯科口腔保健法の施行により2013年(平成25年)、「歯と口の健康週間」に改称されました。

歯と口の健康週間の誕生と歩み

歯と口の健康週間の誕生と歩み

歯と口の健康週間は厚生労働省文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施しましたが、その歴史は1928年(昭和3年)にさかのぼります。

日本歯科医師会は、1938年(昭和13年)年までの10年にわたり、6と4の「む・し」にちなんで6月4日に虫歯予防デーを実施。1939年(昭和14年)から1941年までは護歯日、1942年(昭和17年)は健民ムシ歯予防運動を展開していました。

1949年(昭和24年)には、これらの活動を復活させる形で口腔衛生週間を制定。1952年(昭和27年)には6月4日から10日までの1週間が口腔衛生強調運動と定められました。続いて1956年(昭和31年)には再度、口腔衛生週間に改称。1958年(昭和33年)より毎年、実施されるようになり、2012年(平成24年)まで歯の衛生週間の名称で、歯科衛生に対する思想の普及啓蒙活動を行なってきました。

歯と口の健康週間の主な活動内容

歯と口の健康週間の主な活動内容

日本歯科医師会と日本歯磨工業会は毎年、共同で口腔衛生を呼びかけるポスターを作成し、全国に配布しています。2013年(平成25年)の名称の変更に伴い、ポスターのキャラクターも一新されました。

新聞紙上での啓発広告の掲載や、歯科医院で掲示する啓発ポスターの作成、さらにシンポジウムの開催やテレビコマーシャルなども展開しています。

日本歯磨工業会独自のバックアップ活動

日本歯磨工業会独自のバックアップ活動

日本歯磨工業会では、2001年(平成13年)から歯みがきの大切さをテーマにした標語を募集しています。毎年、歯に対する関心の高さを示すように習作が集まり、2012年(平成24年)は12,544作品の応募がありました。標語という形式にこだわらず、川柳的な作品、メッセージ性の高いものなど楽しく魅力ある言葉が求められています。

都道府県歯科医師会・群市区歯科医師会の活動

都道府県歯科医師会・群市区歯科医師会の活動

全国各地の歯科医師会でも、歯と口の健康週間を啓蒙するイベントを独自に展開しています。それぞれが様々な趣向を凝らし、幅広い世代が参加できる企画を実施しています。

各地の医師会のイベント例

  • 歯に良い料理の試食
  • 食習慣の診断と指導
  • 咀嚼力の診断を行なう咀嚼ガム検診
  • 口腔内カメラによる口腔内診査
  • 口腔年齢測定
  • 歯の色測定
  • 高齢者の良い歯のコンクール

2013年(平成25年)歯と口の健康週間実施要項

2013年(平成25年)歯と口の健康週間実施要項

生きる力を支える歯科口腔保健の推進が重点目標に掲げられました。歯と口は国民が健康に生きていく力を支えるものであり、歯科疾患の予防や歯の健康を保持する取り組みを進める必要があることから定められたテーマです。「健康は食から歯から元気から」を標語として、生涯を通じた8020運動の新たな展開がスタートしています。