施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

口臭の原因と改善方法



人はだれでも体臭がありますが、口の中から吐く息もそれぞれ臭いを持っています。病気やなんらかの原因によって、その臭いが他人を不快な気持ちにさせることがあり、これが口臭と呼ばれています。自分では判断が難しいため必要以上に悩む人が多い一方、強い口臭を持ちながら自覚のない人も多く、深刻な健康問題につながる場合もあるといわれます。

口臭のもとになる物質

口臭のもとになる物質

口臭の原因は、約9割が口腔内にあるといわれています。主にその原因となっている物質が揮発性硫黄化合物で、硫化水素とメチルメルカプタンが約90%を占めます。口の中に生息している嫌気性菌という細菌がタンパク質やアミノ酸を分解して、揮発性硫黄化合物を作るのです。

口臭の原因

口臭の原因

口臭は多くが口の中に潜む問題に原因があるといわれますが、その大部分を占めるのが舌苔(ぜったい)と歯周病です。全身の疾患の兆候として現れる口臭もありますが、この場合は鼻から出した息に悪臭があるのが特徴とされ、それほど多くはありません。他の疾患からくる口臭や食べ物が関係して起こる口臭、生理的な理由による口臭もあります。

口の中の病気による口臭

口の中の病気による口臭

虫歯や歯周病など、口腔内に病気があることが原因です。特に歯周病と口臭は、相関性が高いことで知られています。歯周ポケットができるのが歯周病の特徴で、これが口の中の細菌のすみかとなり、嫌気性菌が硫化水素やメチルメルカプタンを発生させて口臭のもとになるのです。

舌苔による口臭

舌苔による口臭

揮発性硫黄化合物は、舌の上で最も多く作られます。舌の上の皮や細菌などによって、舌の表面に舌苔と呼ばれる白い苔状のものが付着するからです。

舌苔の付き方には個人差があり、時間帯によっても付き方は変わりますが、特に体調不良や脱水症状を起こすと口内の自浄作用が低下して、舌苔がたまりやすくなります。

ただし、逆に舌苔がまったくない場合には、栄養バランスが崩れていると考えられます。舌の表面にうっすらと付着する程度が理想とされているので、過度な除去には注意しましょう。

生理的な原因に基づく口臭

生理的な原因に基づく口臭

起床時や空腹時、絶食時、生理の時や妊娠時期、また緊張したときなどにも口臭は起こりますが、一時的なものであり時間が経つとなくなります。唾液の分泌が抑えられたときに起こりやすくなります。

他の疾患に由来する口臭

他の疾患に由来する口臭

副鼻腔炎をはじめ耳鼻咽喉科系の疾患によるものや糖尿病、腎臓病などが原因で口臭が起こる場合があります。また、肝臓の疾患や呼吸器・消化器の異常の兆候として現れる悪臭もあります。

食べ物が起因する口臭

食べ物が起因する口臭

ニンニクやニラ、ネギなど臭いの強い食物をとったあとの口臭です。喫煙後や飲酒後の口臭も同様で、1度、体の中に摂取した臭いの元になる成分が胃の中で消化され、血液を通じて全身を巡り、肺を経由して吐き出されます。

気になる口臭の対策と改善方法

気になる口臭の対策と改善方法

さまざまな代謝が行なわれている口の中を無臭にすることはできないので、あまり神経質になる必要はありません。他人に不快感を与えないよう日々、気をつけることが大切です。自分では把握しづらいのでブレスチェッカー(口臭測定器)や口臭測定キットを使用したり、歯科医に相談するなど客観的に現状を調べてみましょう。

予防の方法としては、丁寧な歯みがきや適度な舌のお手入れ、また歯周病、虫歯の治療が基本です。食事を規則正しく取り、よく噛んで食べ、ストレスを溜めない生活習慣も心がけましょう。マウススプレーやマウスウォッシュの併用も効果的です。