施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科にある入れ歯の種類



歯を失った人が審美的理由と、機能的な回復のために行なう方法として一般的なのが入れ歯です。近年はインプラント治療が高い注目を集めていますが、入れ歯の種類は豊富でそれぞれの歯の状態により使い分けることが可能です。では、入れ歯にはどのような種類があり、どんな機能やメリット、デメリットがあるのでしょう。製作のための費用についてもご説明します。

入れ歯は大きく2種類に分けられる

入れ歯は大きく2種類に分けられる

入れ歯は、総入れ歯と部分入れ歯の2種類に分けられます。歯がすべてなければ総入れ歯になり、1本でも残っていれば部分入れ歯という考え方です。また、保険内で作れる入れ歯の他に、保険が適用されずに自己負担で作る場合の2種類に分けられます。

総入れ歯とは

総入れ歯とは

1度失ってしまった歯は、残念ながら戻ってくることは2度とありません。しかし、総入れ歯を利用することで物を食べるということができるだけでなく、見た目にも十分な価値が得られるはずです。

総入れ歯は歯が1本もない人が使うものであり、入れ歯と筋肉の粘着の吸着力によって維持されるものです。唾液がなければ総入れ歯の維持は難しく、歯ぐきに傷もできやすくなります。

部分入れ歯とは

部分入れ歯とは

部分入れ歯とは歯が抜けた粘膜に人工の歯を乗せ、残った歯にバネをかけて安定させるものです。抜けた歯が1本の時に対応できるのはもちろん、1本でも残っていれば可能な治療法でもあります。

総入れ歯と部分入れ歯のメリット・デメリット

総入れ歯のメリット

総入れ歯のメリット

総入れ歯のメリットは、まず審美性があげられるでしょう。きちんと装着をしていれば不自然な金属の部分などがないため、見た目には違和感がないからです。また、プラスチックの総入れ歯が一般的なため、保険が適用され料金が安い、修理がしやすいというメリットがあります。

総入れ歯のデメリット

総入れ歯のデメリット

総入れ歯を使用する場合、一般的にはプラスチック素材を使用します。プラスチック素材はどうしても分厚くなるので、安定しない部分があります。それが、歯ぐきの痛みやズレにつながることがあります。その際は歯の安定剤を使用することもありますが、歯ぐきがやせてくるなど口に何らかの影響が生じる場合もあります。

部分入れ歯のメリット

部分入れ歯のメリット

歯の治療本数が多くても使用することができ、1本でも歯が残っていれば部分入れ歯を使用することができます。健康な歯を削らずに歯を補うことができるというのもメリットのひとつです。また、取り外しができるので手入れが簡単という利点もある他、保険の適用も可能です。

部分入れ歯のデメリット

部分入れ歯のデメリット

装着の際の違和感や異物感は、総入れ歯同様やはりあります。噛む力は多少なりとも劣りますし、過度の負担を加えると隣接する歯に影響を与え、大きく痛みを伴うこともあります。

総入れ歯と部分入れ歯の費用

総入れ歯と部分入れ歯の費用

総入れ歯、部分入れ歯とも基本的に保険内で作ることができます。保険の負担割合にもよりますが、総入れ歯の場合の費用は1個10,000~15,000円程度、部分入れ歯の場合の費用は、1個5,000~15,000円程度だといわれています。

一方、機能や審美性、耐久性を重視するなら、自己負担で入れ歯を作ることもできます。自費の入れ歯の費用は種類によって様々ですが、150,000~300,000円程度という場合が多いようです。