施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

インプラントはどれぐらいの期間もつのか



歯科治療においてインプラント治療を施した歯は、従来の入れ歯やブリッジ治療に比べると長持ちするといわれています。ただし、適切な治療やメンテナンスを行なうことが必須の条件だといえます。長持ちさせるためのメンテナンスや検診を持続することができれば、10~15年は使用可能であるといわれています。

メンテナンスが大切

メンテナンスが大切

インプラントの寿命を延ばすために必要なことは日々のメンテナンスです。口腔内の環境を衛生的に保ち、食後のブラッシングでは人工歯冠と歯ぐきの間のすき間など、汚れがたまりやすい箇所を意識して入念に磨くようにしましょう。また、デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用してプラーク(歯垢)がつかないようにすることも必要です。

インプラントを長持ちさせるため避けなければならないことは、歯周病やインプラント周囲炎です。インプラントは、天然歯と比べて自覚症状が出にくいといわれるので特に注意が必要です。これらを引き起こすと、インプラント体を支えている骨が溶けて脱落するおそれがありますので、進行することがないよう正しいメンテナンスが必要なのです。

定期検診の受診

定期検診の受診

インプラント治療後の定期検診は必ず受診しましょう。医師に、治療後のインプラントの状態や、口腔内の状態をチェックしてもらうことがインプラントを長持ちさせることにつながります。期間は医師の指示に沿うことが望ましいでしょう。インプラントは虫歯にはなりませんが、金属ですので、歯周病やインプラント歯周炎が進んでも通常の歯のような痛みが起こりません。よって自覚症状が出にくいため、医師に診てもらうことが必要なのです。

長期間、検診を受けないと、あごの骨の形が変わってしまうなど、かみ合わせが悪くなってしまっていることもあります。医師の指導に従って定期検診を受診することが、よりインプラントを良い状態で保つために重要だといえるでしょう。

また、医療機関でメンテナンスを受けることもできます。レントゲン撮影、インプラントの調整、かみ合わせのチェック、口腔内の状態のチェック、歯科医師などによる専門的なクリーニング、ブラッシング指導など、プロのメンテナンスを取り入れることで、よりインプラントを長持ちさせることができるでしょう。

日常生活にも気配りが必要

日常生活にも気配りが必要

歯自体のメンテナンスだけでなく、日常生活にも気を配る必要があります。インプラントを長期間維持させるためには良くない要素である喫煙を控えること、また糖尿病などの生活習慣病にかからないような生活を送ることが大切だといえます。

インプラントの保証システム

インプラントの保証システム

インプラント治療後、トラブルが発生した時のために保証書を発行する歯科医療機関があります。保証対象となるのは、インプラント体、アバットメント、仮歯、人工歯冠、接続・接着部品、手術費用などです。

一般的な保証内容としては、保証期間中にインプラントが欠けたり、割れたりした場合に修復や再治療を無償で実施するものがあります。保証期間や保証内容は医療機関によって異なるので事前に確認しておくのが良いでしょう。