施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

歯科で行なうインプラント治療の手順



歯科におけるインプラント治療は外科的手術を伴うため、事前に一連の治療が受けられるかどうか慎重な問診が行なわれます。この治療前の問診や検査などが行なわれた上で、初めて治療方針と治療計画を立てることができます。治療を始めるにあたって、事前に現在残っている歯の治療が必要になるケースもあります。その後、治療計画に基づき、手術を行なうわけです。具体的な事前の診療や治療の手順について見ていきましょう。

事前の診察と検査

事前の診察と検査

インプラント治療は事前の検査を行なったうえで、治療計画と治療方針が決められます。その後の治療の安全性を左右するため、最初の段階でしっかり診断してもらうことが重要です。

初診

初診

疾病履歴や喫煙の有無や量、歯ぎしりの癖などインプラント治療を受けることができるかどうかの問診を受けます。また、日常生活を送るうえでどういった点で困っているのか、解消したい点は何か、どのような仕上がりを求めているのかなど、現在の不満点を踏まえつつ、治療後の未来像について話します。そして、どの程度の費用、期間を治療に費やすことができるのについて確認がなされます。

治療を行なっていくうえで重要となる部分の検査など

治療を行なっていくうえで重要となる部分の検査など

あごの骨の状況、歯周病の状況、相対する歯のかみ合わせの視診・触診、骨の量や状態を確認するためのレントゲン・CT、欠損部位がないか、他の歯の現状やかみ合わせなどを確認する口腔内写真、人口歯冠の形状やかみ合わせを確認するための歯型採取などを行ないます。

インプラント治療の種類

インプラント治療の種類

インプラント治療の外科手術には1回法と2回法があります。インプラント体の埋入を1回で終える1回法と、2回に分けて行なう2回法があり、1回法はインプラント体とアバットメントが一体化したワンピースタイプ、2回法はインプラント体とアバットメントが分かれているツーピースタイプを使用します。1回法は手術が1回で済むことから体への負担が軽く、治療期間も短いなどの利点がありますが、一体型のため不具合が生じた場合はインプラントごと取り外さなければならないというデメリットもあります。あごの骨の状況によっては受けることができない場合もあるでしょう。2回法は外科手術を2回行なわなければならず期間も費用もかかるというデメリットがあるものの、様々なケースに対応しやすいという点から、現在では2回法が主流になっているといわれています。

インプラント治療の手順(2回法の場合)

インプラント治療の手順(2回法の場合)

現在、インプラント治療の主流である2回法の治療手順についてご紹介します。

①事前の診察と検査
事前の問診は、インプラント治療が可能かどうかを判断するための重要な検査となります。
②1次手術
インプラント体をあごの骨に埋入する手術を行ないます。
③治癒期間
歯肉でフタをして約3か月~6か月間、インプラント体が骨と結合するのを待ちます。期間は個人差があります。この際、必要に応じて仮歯をつけることがあります。
④2次手術
支台となるアバットメントを取り付けます。
⑤人口歯冠の装着
インプラントを含めた口の中全体の型を取り、型に従い人口の歯を作成し取り付けます。
⑥メンテナンス
インプラントをより長持ちさせるために日常のメンテナンス、定期的な検診を受けることが必要となります。