施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

インプラントの長所と短所



歯科におけるインプラント治療には、メリットとデメリットがあります。歯を削ることなく、見た目や機能的に天然歯と同じような状態を得るためには、外科的手術を行なわなければなりません。インプラントのメリットとデメリットの両面を把握した上で、治療を検討することが望ましいといえます。

インプラントの長所

天然歯と同じように噛むことができる

天然歯と同じように噛むことができる

硬いものが噛みづらいなどということがなく、気にせず好きなものを味わうことができます。異物感や違和感はほとんどないといわれています。

既存の健康な歯に負担をかけない

インプラントが天然歯と同じような役割を果たすため、既存の健康の歯に負担をかけることがありません。

既存の歯を削らない

治療の際、隣の歯を削るなどといった処置が必要ありません。歯を削らないで済むということは、歯の寿命を延ばすことにつながります。

既存の歯を傷めない

入れ歯の場合、支えるため天然の歯にバネを引っかけます。バネのかかった歯は負担がかかり、抜歯しなくてはならなくなることもあります。

取り外さなくて良い

入れ歯のように取り外して洗浄する必要はありません。天然歯と同じように歯ブラシで磨くことができます。

見た目が自然

天然歯と同様の見た目に近づけることができます。口元の見た目を気にすることなく、食事やおしゃべりを楽しむことができます。

あごの骨が痩せるのを防ぐことができる

インプラントがしっかり固定すると、歯を失った部分のあごの骨が痩せるのを防ぐことができるといわれています。

精神的な満足度が高い

入れ歯を装着する場合においては老けた感じがするというイメージをもつ方は多く、天然歯と同じような働きをするインプラントの場合には逆に若返りのイメージをもつ方が多いといわれています。

インプラントの短所

外科的手術が必要

外科的手術が必要

外科的手術を行なわなければならないため、体に負担がかかります。事前の検査も必要であり、手術を受けられない場合もあります。また、手術ですからリスクも伴います。

あごの骨の状態によっては治療内容が異なる

インプラント治療にはあごの骨がしっかりしていることが必要条件です。骨が痩せている場合や足りない場合には別途治療が必要になることがあります。

検査結果によっては受けることができない

体質や疾病履歴などによって治療が受けられない場合があります。

医療機関の選択が重要

外科的手術を行なうため、医療機関や医師の選択は重要であるといえます。不適切な治療が行なわれることなどがないよう、事前の情報収集や医師との治療方針の確認などを綿密に行なう必要があるため手間がかかります。面倒だと感じる人もいるでしょう。

治療期間が長い

診察から検査、手術、定期検診など治療に1年近くかかることもあります。

治療後のメンテナンスが必要

より長持ちさせるためには、日常のメンテナンスや定期検診の受診などが必要となります。

健康保険が適用されない

自由診療のため健康保険が適用されません。よって費用負担が大きくなります。