施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

インプラントと入れ歯の相違点



歯科において、インプラントとよく比較されるのが入れ歯やブリッジです。インプラントと比較してどのような違いがあるのでしょうか。メリット・デメリットなども含めてご説明します。

インプラントと、入れ歯・ブリッジとはどう違うのか

インプラントと、入れ歯・ブリッジとはどう違うのか

インプラントとは、失った天然歯根の代わりに、あごの骨に埋め込むネジのような外見をした人工歯根のこと。これに対して入れ歯は、歯の型取りをして技工士が入れ歯を作り、口の中にはめるものです。ブリッジは、抜けた歯の両隣の歯を削り、型取りをして技工士が橋渡しのような形のものを作りかぶせることです。両隣の歯を土台にして人工の歯を支え、橋のようにかけるためブリッジと呼ばれます。いずれも、外科的手術を行なう必要はなく、比較的簡単に治療に望めます。また、健康保険が適用されるため、自由診療のインプラント治療に比べると治療費用をおさえることができます。

インプラントと大きく異なる点としては、インプラントはあごの骨に人工的な歯根をしっかり固定することで限りなく自分の歯に近い構造を再現することができますが、入れ歯やブリッジでは、歯茎より上の歯冠の部分は再現できても歯根を再現することはできません。見た目と機能の両面において天然歯により近い状態を再現できるのが、インプラントの長所だといわれています。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯は部分的な小さいものであれば比較的簡単に治療ができます。基本的には失った歯だけを補うことができるため、健康な歯を削る必要がありません。また、健康保険が適用されます。大きい入れ歯や総入れ歯を作るのは難易度が高いといわれるものの、取り入れやすい治療法だといえます。

しかし、デメリットもあります。まず、バネで引っかけるなど固定し、取り外したうえでメンテナンスする必要があるため、口の中に違和感が生じるといわれます。また、天然歯に比べると噛む力が5分の1から10分の1とされているため、硬いものが噛みにくく、食事をする際に気をつかうことがあります。そのほか、入れ歯を外すと顔がしぼんで老けて見える、吸水性の高い樹脂でできているため口臭の原因となりやすいなど、日常生活に深く関わる点が大きいでしょう。

インプラント、入れ歯のどちらの方が良いかは、治療を行なう際の状況や判断によって異なります。どちらの治療が、より自分に適しているかを医師とともに相談することが望ましいといえます。

インプラントと入れ歯の選択基準

手術について

手術について

インプラント治療はあごの骨にインプラントを埋入するという外科的手術を伴います。検査結果によっては治療が行なえない場合もあります。

食事について

入れ歯だと硬いものが噛みにくいといわれています。入れ歯でも充分に噛めるのであれば、インプラントにする必要はありませんが、インプラントは自分の歯と同じような感覚で噛むことができるため人気があります。

日常のメンテナンスについて

入れ歯は取り外して洗います。インプラントは自分の歯と同じく歯ブラシで磨くことができます。また、長持ちさせるためには正しいブラッシングが必要だといえます。

費用について

入れ歯は健康保険が適用されます。ただし、使用する材料によっては適用されない場合もあります。インプラントは健康保険が適用されません。すべて自由診療となります。

治療期間について

入れ歯は基本的には、短期間で治療が可能です。インプラントは外科的手術を伴うため、治療期間が長期にわたります。よって通院や手術、検診が受けられる時間が必要となります。