施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

インプラントとは



インプラントとは医療目的で体内に埋め込まれる器具の総称のことで、中でも歯科でいうインプラントはインプラント治療に使用する人工歯根のことです。インプラント治療の歴史やインプラントの構造、天然歯との相違点について、ご説明します。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントとは、失った天然歯根の代わりに、あごの骨に埋め込むネジのような外見をした人工歯根のことをいいます。

インプラント治療とは、歯を失った部分のあごの骨にインプラント体を埋め込み、その上に人工の歯冠を付けることで、見た目や機能ともに、天然の歯としての機能を取り戻すことを目的とした治療法です。

治療効果の高さが人々に浸透してきたことや治療技術の進歩、インプラント治療を手掛ける歯科医師の増加などにより、インプラント治療は世界だけでなく日本でも普及してきています。しかし、外科手術を伴う治療であるため、事前に検査や診察をきちんと行ない、信頼できる歯科医師と共に治療にあたるのが望ましいとされます。また、自由診療であるため、健康保険が適用されません。比較対象になりやすい入れ歯やブリッジに比べると費用がかかる治療であることは否めません。

インプラント治療の歴史

インプラント治療の歴史

インプラント治療の歴史は古く、紀元前といわれています。中南米のホンジュラスで紀元前600年頃、インプラントを施されたあごの骨が見つかったといわれています。インプラントと骨がうまく結合できるかどうかはインプラント治療の成功に必要な要素だといえます。

1952年スウェーデンでチタンと骨が結合することが発見され、1965年スウェーデンにてチタンによる最初のインプラント治療が行なわれました。その後、硬組織に対しても軟組織に対しても親和性の高いチタンを使ったインプラント治療が施されるようになりました。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントは主に3つのブロックで構成されています。フィクスチャー(人工歯根)、連結部分(アバットメント)、人工歯(上部構造)です。インプラント体と呼ばれる人工歯根に支台となるアバットメントを埋め込んだ人工歯根を装着して、その上に人工歯を被せます。3つが一体となり、一本の歯としての役割を果たします。インプラント体の材質、形状、埋入方法、人口歯の取り付け方法は、治療方針や治療計画により異なります。各ブロックは、一部例外はありますが、それぞれが独立しているため人工歯が欠けてしまったり、支台が折れてしまったりといった場合には、そのブロックのみ交換すれば修復可能であるという利点があります。

インプラントと天然歯の違い

インプラントと天然歯の違い

見た目にも機能的にも天然歯とほとんど変わらないとされるインプラントですが、もちろん違いはあります。インプラントになく、天然歯にあるものは歯根膜です。歯根膜とはクッションやセンサーの役割を果たすもので、噛みあわせの力を逃したり、無理な力が加わった時に回避したりします。よって、インプラントは歯ぎしりなどの力には耐えづらく、炎症が起きた際に自覚症状を感じにくいという点があります。より長く、天然歯とほぼ同じ見た目と機能を維持するためには、治療後のメンテナンスが重要だといえるでしょう。