施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯の色が変色してしまう理由



昨今、虫歯や歯周病といった通常の歯科医院で行なっている治療に加え、歯を白くしたり、歯並びをきれいにしたり、歯ぐきの色を改善するなど美の視点をプラスした審美治療が注目を集めています。さらに、審美治療は見かけの美しさだけでなく、口腔内のバランスを考え機能的に治療することも目的としています。また、治療することによって美しい笑顔が手に入り、自分に自信を持つことができる歯科治療ともいえるでしょう。

審美治療の種類

審美治療の種類

審美治療とひと口にいっても、いくつかの種類があります。飲食や喫煙などで着色した歯の色を白くするホワイトニングやクリーニング、虫歯の治療で以前に詰めた金属を取り外し白いかぶせものをする治療など、目的に応じて色々なタイプがあるのです。中でも、歯を削らずに歯の色を白くするホワイトニングは若い人はもちろん年配の人にいたるまで人気のある審美治療です。

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

少し前までは歯を白くするためには、歯を削ってかぶせものなどをして汚れた歯を覆い隠す方法が一般的でした。しかし、ここ最近注目を集めているのが歯のホワイトニングです。そもそも歯はどうして変色してしまうのでしょうか。歯の変色の原因には、外因性のものと内因性のものがあります。

色素による着色

色素による着色

コーヒーや紅茶、赤ワインなど、食品に含まれる色素が歯の表面に沈着し歯が変色するのは外因性のものです。毎日しっかりと歯みがきをし、市販のホワイトニング入り歯磨き粉などを使用して自分で手入れをしていても、1度色素が着色してしまうと普段の手入れだけではそれを除去することは難しくなります。

加齢による着色

加齢による着色

歯は年齢ともに黄ばんでくることがあります。これは、加齢による生理現象なので普段から念入りな手入れをしていても避けられないことです。歯の表面にあるエナメル質は年々薄くなっていきます。するとその奥の象牙質の色が透過しやすくなり、着色したものがより色濃く見えるようになるのです。このような、加齢による黄ばみなどの着色は、残念ながら歯みがきなどでは改善することは非常に難しいです。

薬剤による着色

薬剤による着色

0~6歳ごろまでの歯の形成時期にテトラサイクリンという抗生物質を服用すると、そののち歯の変色が起こることがあります。また、高濃度のフッ素や、神経を取り残した場合に神経が腐ってしまい変色を起こすこともあります。

銀歯(金属)の治療について

銀歯(金属)の治療について

笑うとギラリと光って気になってしまう銀歯も、審美治療を受ければ白い詰めものなどをして目立たなくすることができます。また、金属を使用しないセラミック治療もあるので、金属アレルギーの人でも安心して治療を進めることができます。

中でも最近人気があるのが、ハイブリットセラミックスという材料を用いた奥歯の治療です。健康保険内で歯を白くすることも可能ですが、この治療法は経年により色が変わりにくく、すり減りにくいというメリットを持っています。目立つ前歯だけでなく奥歯にも使える画期的な治療法です。また、歯と同じ硬さなので自然な噛み心地が味わえるという機能面や、通常のセラミックよりも安価であることも人気がある理由です。