施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

矯正歯科治療の費用&保険との関係



矯正治療を開始するにあたって治療の方法や治療期間など気になる点がいくつもあるかと思いますが、最初に知っておきたい項目のひとつはやはり矯正治療の費用についてではないでしょうか。治療費は矯正歯科医院や治療を受ける人の症状により異なるだけでなく、大人と子どもでも矯正治療の費用は変わってきます。さらに、矯正治療はあくまで自由診療のため、健康保険が適用されないことが一般的です。

矯正治療にかかる費用の概算

矯正治療にかかる費用の概算

健康保険が適用されない矯正治療では、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。大人の矯正治療の場合、初診から矯正治療後の保定期間の通院までを含めたトータルの費用は、700,000~1,000,000円ほどといわれています。先にも述べたように歯科医院や症状、治療方法によってそれぞれ異なりますので、事前に見積もりをしてもらい、納得した上で治療を開始しましょう。

大人の矯正治療費の場合

大人の矯正治療費の場合

大人の矯正治療の一般的な費用の内訳は、下記の通りです。

  • 初診料 2,000~5,000円程度
  • 検査・診断料 25,000~50,000円程度
  • 治療費(矯正装置装着料・調整料・保定観察料) 600,000~950,000円程度

治療費は、歯の表側に装置を付ける場合と、歯の裏側に装着する場合とでは料金が異なります。一般的に表側矯正のトータル金額は700,000~1,000,000円程で、裏側矯正になるとプラス100,000~150,000円程といわれています。

子どもの矯正治療費の場合

子どもの矯正治療費の場合

子どもの矯正治療は3~10歳ごろに行なう一期治療と、小学校高学年から中学生くらいで行なう二期治療に分かれます。治療の目的や治療方法がそれぞれ異なるように、治療費にも差があります。

一期治療の治療費の目安は300,000~600,000円程度です。また、一期治療が終わった子どもの二期治療の費用は250,000~650,000円が目安です。もちろん、症状の程度や難易度、年齢によってもその金額は異なります。一期治療から治療をしていた子どもは二期治療から矯正治療を始めるよりも、治療費が安く設定されている場合が多いです。

オプショナル料金について

オプショナル料金について

見積書などで提示された基本の治療費以外に、別途費用がかかることもあります。その一例をご紹介します。

  • 歯のクリーニング代
  • 抜歯が必要な場合の費用
  • 矯正治療中に虫歯や歯周病になった場合の治療費
  • 矯正装置が破損した場合の費用

矯正治療の健康保険の適用について

矯正治療の健康保険の適用について

一般的な矯正治療の場合、健康保険は適用されません。「自由診療」と呼ばれ、治療費の全額が自己負担ということになります。ただし、大人、子どもを問わず、医療費控除の対象になる場合があります。医療費控除とは一年間に100,000円以上の医療費を支払った場合に確定申告をすると、一定の金額の控除を受けることができるシステムです。

大人の場合は、見た目を良くするなどの美容目的ではなく、噛み合わせの改善などが目的の場合に、医療費控除の対象になります。また、子どもの場合は、発育段階の成長の妨げにならないようにする目的での歯列矯正の場合などに医療費控除の対象になります。矯正歯科医院の担当者に、あらかじめ確認してみましょう。