施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

矯正治療に時間がかかる理由



矯正治療と聞くと、どうしても治療に時間がかかるイメージがあります。では、なぜ矯正治療には多くの時間が必要なのでしょうか。歯並びの矯正治療とは、矯正歯科において矯正装置を用いて歯に無理のない力をかけ治療する方法です。歯槽骨の中で体が元々持っている骨の代謝を利用してゆっくりと正しい位置に持っていくため、矯正治療には時間がかかってしまうのです。

矯正治療の平均的時間

矯正治療の平均的時間

歯科における一般的な歯の矯正治療には約1年半~2年の期間を要するといわれています。これは、大人の矯正治療の場合です。子どもの矯正治療ではまた条件が異なります。子どもの矯正治療は一期治療と二期治療に分かれています。一期治療とは永久歯が生えそろっていない時期に矯正治療を行なうことで、上下の顎の骨のバランスや大きさを整えて永久歯がきちんと生える準備をする治療です。また、二期治療は永久歯が生えそろったころに行なう本格的な歯列矯正です。

矯正治療は治療後も一定の期間が必要である

矯正治療は治療後も一定の期間が必要である

矯正治療は装置を装着し、体が持つ自然の力で治療を行なった後も「保定」というものを行なう必要があります。保定とは矯正治療が終わった後、歯の後戻りを防ぐために必ず行なう治療です。

取り外し式の保定装置を使う方法や、歯に針金を貼り付ける方法など様々な方法があります。保定の期間も人によって様々で、1~2年から、中には一生のものまで個人差があります。

矯正治療の治療装置における治療期間の違い

矯正治療の治療装置における治療期間の違い

矯正治療は矯正歯科において歯に装置を装着し、歯が動くようにすることです。色々な矯正装置がありますが、一般的に使用されるのは次の3つです。インプラント矯正、ワイヤー矯正、舌側矯正があり、それぞれ治療期間にも差があります。

インプラント矯正による治療の早さ

インプラント矯正による治療の早さ

インプラント矯正は一番治療期間が短いといわれ、治療の早さにおいては次にワイヤー矯正、そして舌側矯正という順番になります。最も治療期間の短くなるインプラント矯正は、ワイヤー矯正の半分程度の治療期間で済むこともあります。

スピード矯正治療の現状

スピード矯正治療の現状

成人の矯正治療の場合、通常は1年半~2年くらいの期間が必要です。しかし、結婚式や就職活動の面接など目の前に迫った人生の節目に合わせて治療を試みる人が増え、矯正治療の期間をより短くなるよう望む人が増えています。そのニーズに応えるように登場したのが、最先端の治療法であるスピード矯正です。

スピード治療の代表的なものに、コルチコトミー治療というものがあります。これは、歯の土台となる骨の表面にヒビを入れる外科的手術を行ない、歯を動きやすくするための治療です。これによって歯茎の骨の代謝を促進して、歯の動くスピードを早くするのです。

外科的手術を施すものの入院をする必要もなく、手術自体は1~2時間で終了します。術後は、あらかじめ歯に装着しておいた矯正装置の力と人の自然治癒力を生かして新しい歯並びが形成されていきます。通常の成人の矯正治療よりも治療期間が約1/2~3/4に短縮するといわれる画期的な治療方法です。

ただし、スピード治療は高度な技術を要するため、どこの矯正歯科でも行なっているわけではありません。アメリカではかなりの症例の多いポピュラーな矯正治療法ですが、日本ではまだ限られた矯正歯科でしか行なわれていないのが現状です。