施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

矯正治療中の食事の注意点



矯正治療中だからといって、食べてはいけないものはありません。成長期の子どもはむしろバランスの良い食事を取る必要がありますし、大人も食べないでいるわけにはいきません。

矯正治療中は矯正装置が入っているためどうしても食べにくいことがあったり、軽い痛みなどがあったり、食事がしづらいことがあります。そこで、食べやすいメニューを工夫する必要はあります。また、食事後のていねいな歯みがきも矯正治療中には欠かせません。

矯正治療中の痛みを伴う際の食事

矯正治療中の痛みを伴う際の食事

矯正歯科においての矯正治療中は2日~1週間ほど痛みを伴いますが、痛いからといって食事をしないというのは得策ではありません。うどんやきしめんなど元々やわらかい食材をやわらかく煮込んで食べたり、肉はしっかり噛まなくてすむようミンチを使ったり、お茶漬け、リゾット、スープ系を多用するなど、少し工夫が必要になりますが食事は必ず取るようにしましょう。

また、食材は小さく切ると噛む回数を減らすことができますので、みじん切りにしたり、フードプロセッサーで細かくしたり、調理法も工夫してみてください。

矯正治療中におすすめの食事

  • うどん、きしめんなど麺が太いもの
  • やわらかいパンやドーナツ
  • 卵料理
  • 豆腐料理
  • マッシュポテトやポテトサラダ
  • ハンバーグ、つみれなどミンチ肉を使ったもの
  • お茶漬け、リゾット、おかゆなど

矯正治療中に避けたい食事

矯正治療中に避けたい食事

矯正装置はとてもデリケートな器具です。固いものを不用意に強い力で噛むと壊れてしまうこともあります。壊れたまま気が付かないでいると、そこの部分だけ歯が動かず治療計画が長引いてしまうこともあるでしょう。順調に治療を進めるためにも、食事内容によっては避けたり、工夫したりすることが必要です。

矯正装置を壊さないために気を付けたいこと

ガム、キャラメル、ソフトキャンディー、グミなどの菓子や、リンゴやトウモロコシを前歯でかじるようにして食べると矯正装置が取れてしまうこともあります。これらを食べるときは、あらかじめ食べ物を小さくしてから食べるようにしましょう。

また、青菜のおひたし、キャベツの千切り、エノキダケやシメジなどのきのこ類、そば、ラーメン、パスタなどの麺類といった繊維の長いものは矯正装置に絡まりやすい食べ物です。食後にきちんと歯みがきをすれば食べてはいけない食べ物ではありませんが、外出先では食後に必ず鏡でチェックするなど意識することは必要です。

他にも、カレーやキムチ、コーヒーなど色素の強い食べ物は透明なゴムが黄ばんでしまうこともあります。色の変色が気になるようなら、ゴムの交換をする前日に食べるのがおすすめです。

矯正治療中の食後の歯みがきについて

矯正治療中の食後の歯みがきについて

矯正装置を装着していると、装置のまわりに食べかすがたまりやすくなります。虫歯や歯周病を予防するためにも正しいブラッシングを心がけましょう。今までよりも多少の時間とコツがいりますが、慣れれば問題はありません。

矯正装置を装着している際に汚れが残りやすいのは、ブラケットの周りです。ブラケットを中心に、歯を上下に分けて磨く必要があります。歯と歯の間も汚れがたまりやすいところです。ベーシックな歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを併用し、汚れを落とすようにしましょう。歯と歯ぐきの間も食べかすが溜まりやすいので気をつけるべきところです。