施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

矯正治療医の選び方のポイント



全国には、約2万軒の矯正治療を主力とする歯科医院があるといわれています。その膨大な数の中から自分に合った歯科医院を選ぶのは困難なことかもしれません。では、どのような基準で歯科医院を選ぶとよいのか選び方のポイントをご紹介します。家から近い、通勤・通学の途中にあり便利である…。色々な選択肢がありますが、単に「便利」ということだけで矯正歯科医院を選ぶのは、いささか安直かもしれません。中には、新幹線や飛行機に乗ってでも受診するほど価値のある先生がいるかもしれないからです。それは決して大げさな話ではなく、どこの矯正歯科医院を選ぶかは治療を進める上で最も重要なことなのです。

こんな矯正歯科医院を選ぼう

こんな矯正歯科医院を選ぼう

資格をしっかり持った治療医を選ぶのはもちろん、診療日や時間、診察時における説明など、矯正治療医の選び方においては下記の点に注意しましょう。

治療医が直接診療にあたっているか

治療医が直接診療にあたっているか

矯正治療において資格を持った先生自身が直接診療をしているかどうかは、歯科医院選びで最も重要なことといえます。当たり前のようなことかもしれませんが、中にはスタッフ任せで先生はチェックをするのみという矯正歯科もあるからです。先生自身がすべてを担当するのは困難ではありますが、重要な診療項目はやはり担当の矯正治療医が行なう必要があります

診察日は毎日かどうか

診察日は毎日かどうか

診療日が限られていると、様々な不都合が生じます。例えば矯正治療中に矯正装置が壊れたとき、担当の先生が常勤していないと正しい処置をしてもらえない場合があります。応急処置ですと、その後の治療がスムーズに運ばなくなる可能性もあります。ですから、矯正治療医が常勤している歯科医院を選ぶことが得策といえます。

診察時間が確保されているかどうか

診察時間が確保されているかどうか

せっかく予約をしても、待合室で何十分も待たされる矯正歯科医院があります。予約時間が毎回守られず30分以上待たされる治療医院の場合、転院も視野に入れた方が良いかもしれません。診察時間がきちんと確保されていないと、その日にやるべき治療内容が省略されることもあるのです。その分、治療期間はどんどん延びるという結果になりかねません。

診察時の説明は分かりやすいか

診察時の説明は分かりやすいか

矯正治療を始める前の診察は、症状の説明やどんなふうに矯正していくかを把握する大切な時間です。ここがしっかりしていないと、治療中、何らかのトラブルになりかねません。

また、決して短いとはいえない期間をかけ高額な治療費を要する治療をはじめるわけですから、矯正治療の内容をしっかり理解した上で契約をする必要があります。診察の結果や、契約書などの書類をきちんと作成してくれる矯正歯科医院を選ぶ必要があります。

矯正歯科医院の治療の流れ

矯正歯科医院の治療の流れ

自身に合った矯正歯科医院を選ぶためにも、一般的な矯正治療の流れを知っておきましょう。「診察」、「契約」、「矯正治療」、「治療後の経過観察」が主な流れになります。

診察時にやること

診察時にやること

初診時は、治療の必要性や治療をはじめる時期、使用する予定の治療装置、治療方法、治療期間、費用について話をしてもらえます。小中学生など子どもの場合は、保護者との来院が必要です。

契約について

契約について

矯正治療医の診察後、歯形を取ったり、検査したりします。その結果を踏まえて治療計画や治療費を算出し、治療のメリット、デメリットの説明を受けた上で本契約となります。

矯正治療中の注意点

矯正治療中の注意点

矯正装置を装着すると歯みがきがしにくくなるので、虫歯や歯周病を予防するための歯みがき指導や口腔内清掃を徹底的に行ないます。

治療後の経過観察

治療後の経過観察

矯正治療により動いた歯は、装置を外した後は元に戻ろうとします。後戻りを防ぐためには治療後の経過観察が最も重要です。装置が外れたからといって安心せずに、矯正治療医の指導はきちんと受けましょう。