施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

矯正歯科治療のリスクと痛み



矯正治療により正しい噛み合わせになることで虫歯や歯周病が予防できるほか、肩こり、頭痛の軽減など体の健康や成長につながるといわれています。しかし、特に大人の矯正治療の場合、注意すべき点がいくつかあります。というのも、物を噛む時の顎の動きは長い年月の間に一人ひとり自然に作り上げたものです。よって、矯正歯科による歯列矯正により人工的に顎の動きを変えてしまうと、それが原因で不具合が生じないとは一概にはいい切れないからです。

矯正治療によるリスク

矯正治療によるリスク

歯科治療においてもちろん虫歯はすべて治療した方が良いですが、噛み合わせの悪さは必ずしも治療すべきではないともいわれています。例えば、歯並びを整えるためにブラケットとワイヤーを使って歯を矯正する場合、歯の並びを変えるスペースを確保するために抜歯をすることがあります。虫歯でもない健康な歯を抜歯することに抵抗を持つ人がいるのはもちろん、抜歯をすることで上下の歯の噛み合うポイントに変化が生じ、今までとは同じ噛み方ができなくなる人もいます。この変化に脳と体が対応しきれず、いつもどこかに違和感を覚えざるを得ないこともあるでしょう。中には、歯や顎の痛み、頭痛を引き起こす人もいます。以下のようなリスクについても知っておきたいところです。

矯正治療中に起こるトラブル

矯正治療中に起こるトラブル

矯正歯科での矯正治療には、歯列矯正、補綴矯正などいくつかの治療方法があります。数回で終わるものから数年かけて行なうものまで、その期間も費用も様々です。実際に納得をして矯正治療をはじめても、治療中に起こるトラブルなどリスクは色々あります。

虫歯や歯周病

虫歯や歯周病

見た目や装着の不快感をはじめ、多少の痛みを伴うこともあります。また、矯正治療中は装置を装着しているため歯みがきがしにくく、虫歯や歯周病のリスクが高くなることもあります。矯正歯科医院で治療中に合ったブラッシングの指導を受けるなど、歯を清潔に保つことは矯正治療中のリスクを軽減させるのにも効果的です。

歯根吸収のおそれ

歯根吸収のおそれ

矯正力があまりに強い場合、歯の根が短くなる歯根吸収が起こる場合があります。歯の上の部分よりも、歯根部は吸収を起こしやすいといわれています。

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状

冷たいものを飲んだ時に起こる知覚過敏の症状が現れる人もいます。しかし、数日で改善されることがほとんどです。もし、1ヵ月以上にわたり痛みが続く場合は矯正歯科の担当医に相談しましょう。

皮膚の炎症やアレルギー

皮膚の炎症やアレルギー

矯正装置には金属素材が使われています。中には、これが元で金属アレルギーを起こすリスクのある人もいます。心配な人は皮膚科で行なわれているパッチテストを受けてから矯正治療に臨みましょう。また、矯正治療中に口内にアレルギー症状を感じた場合は、すぐに担当医に伝えるべきです。

矯正器具を装着時の痛み

矯正器具を装着時の痛み

初めて矯正器具を付けた人の中には、痛みや歯が浮くような違和感を覚える人も少なくないようです。今までがっちりと一体化していた歯と歯槽骨を動かそうとしているわけですから、この症状も多少は仕方のないことです。装置を装着した最初が一番辛く、治療が進むうちにこの感覚や痛みもやわらいでいくといわれています。だいたい、矯正装置を装着してから2~3日、長い人では1週間くらい痛みや違和感が続くようです。

ただし、どうしても辛い場合は矯正歯科の担当医に相談し、鎮痛剤などを処方してもらうなどの対策を考えましょう。