施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

噛むことの健康への効能



自分の歯でよく噛むということには、食べ物をおいしく味わえることに加えて、脳を活発にしたり、肥満を防止してダイエット効果が得られたり、発音がよくなったりなど、素晴らしい健康への効果がたくさんあります。よく噛むことの意味について理解し、ぜひ、健康対策に役立てて下さい。

噛まなくなってしまった現代人

噛まなくなってしまった現代人

現代人は昔に比べると、食べ物を噛まなくなった、噛む力が弱くなったといわれます。一説によれば、弥生時代と比べると一食あたりの咀嚼回数は6分の1に減っているとか。戦前の本来的な和食を食べていた時代と比較しても、半分以上に落ちているといいます。

原因として考えられるのは、軟らかくておいしいものや噛まなくても食べられるものがとても増えたこと。その結果、たくさん食べすぎてしまい肥満や生活習慣病を引き起こすなど、噛まないことで健康を害したり、体の活力を失うことにつながってしまいます。これはとても残念なことです。

噛むことで得られる効果とは

噛むことで得られる効果とは

よく噛んで食べることは消化に良く、胃腸に負担をかけにくくなります。また、唾液の分泌を促し、口の中を清潔に保つことができます。

言うまでもなく、よく噛むことは味わうことの基本。食べ物のおいしさは、噛むことで引き出されます。食べ物の味の変化や香りの広がりを感じ、歯ごたえや舌触りの食感で、おいしさを楽しめます。具体的な効果についてご説明します。

脳を活発にし、痴呆を防ぐ

脳を活発にし、痴呆を防ぐ

よく噛むことは、血管の流れを良くします。噛んで顎を動かすことで、あごの血管の流れが良くなるのです。じつは、あごの血管は脳の一部ですので、咀嚼を活発にすることで、脳の血流が良くなり、反射神経や記憶力、認識力、判断力、集中力などが高まるといわれています。

また、年をとっても自分の歯でよく噛むことにより、健康維持はもちろん、脳血管の梗塞によって起こる脳血管型認知症の予防の一環にもなるでしょう。

胃腸を健康に

胃腸を健康に

食べ物は唾液と一緒に噛みくだかれます。噛むことでたくさん分泌される唾液には、アミラーゼという酵素が含まれており、これがでんぷん質を麦芽糖というものに変え、体に吸収しやすい形にしていきます。すでに口の中から、食べ物の分解は始まっているのです。

ゆえに、きちんと噛めないと食べ物が十分に消化されません。すると消化不良となって体外に出てしまいますし、胃や腸にも負担がかかってしまうでしょう。

ダイエット効果も

ダイエット効果も

早食いは肥満の原因になるといわれます。よく噛んで食べると、唾液が多量に分泌され、血液中のブドウ糖とインスリンの濃度が上がり、満腹中枢が刺激されます。「もう満腹だ」と分かるとともに、摂食中枢の活動が抑制され、食べることをやめるよう指令が出されるのです。

しかし、よく噛まないで食べてしまうと、満腹中枢が働かず、自然とたくさん食べてしまいます。同じ量を食べても早食いの人のほうが太りやすいことが分かるでしょう。よく食べ物を噛むことでダイエット効果が期待できるのです。

がんや歯の病気を防ぐ

がんや歯の病気を防ぐ

唾液中の酵素の中に、発がん物質の発がん性を消すという働きがあることが分かってきています。また、よく噛むと唾液がたくさん出ますが、この唾液には抗菌作用があります。虫歯や歯周病の原因となる菌の増殖を防ぎ、歯の病気を防いでくれるのです。

言葉の発音がはっきりする

言葉の発音がはっきりする

正しく発音するためには、口の構造が健康であることが大切です。よく噛むことで、口の周りの筋肉を発達させ、口をしっかり開けてよりきれいな発音ができるようになります。また、表情も豊かになります。

よく噛んで食べるために

よく噛んで食べるために

よく噛んで食べるためには、ゆっくりと味わうことが大切です。噛みごたえのある食べ物については、ひと口30回を目安によく噛んで食べましょう。また、食べ物が口の中にある間は、飲み物を摂らないことを心がけてください。よく噛めば、食べ物が細かくなり自然にスムーズに飲み込めます。

また、よく噛むために、噛み合わせに不自由がないかチェックし、問題があれば調整することも必要でしょう。