施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科での歯周病の再生治療とは



歯周病が進行し、骨が吸収してしまうと基本的に元には戻りません。しかし、条件さえ合えば、骨を再生することは可能なのです。吸収した骨を再生させる、歯周病の再生治療法「エムドゲイン法」、「GTR法」についてご紹介します。

歯周組織再生療法とは

歯周組織再生療法とは

歯周病にかかってしまった場合、症状が進行していくと、歯を支えている歯根膜や歯槽骨といった歯周組織が破壊されます。歯周病菌を歯周ポケットから除去することにより歯周組織の健康は取り戻せますが、いったん失われてしまった歯周組織は、自然には元の状態に戻ることはありません。

ただ、歯根膜や歯槽骨の破壊が局所にとどまっている段階であれば、歯周組織を再生させる治療を行なうことで歯を残すことが可能です。

具体的な治療方法について

具体的な治療方法について

現在、日本で行なうことのできる歯周組織再生法には「エムドゲイン法」、「GTR法」の2つがあります。どちらもまずは、歯周病の検査を行ない、基本的な治療を施した上で実施することが必要です。専門医のもとで行なうべき難しい手術であり、どの患者にも適応できるわけではありません。きちんと時間をかけて検査や治療を受け、医師と話し合いながら進めていくことが大切です。

エムドゲイン・ゲルを用いた治療方法

エムドゲイン・ゲルを用いた治療方法

エムドゲインは、歯周組織再生誘導材料といわれるもののことです。スウェーデンのビオラ社で開発された、現在において最も新しい歯周組織再生誘導材料とされています。エムドゲインの主成分は、子どものころ、歯が生えてくる際に重要な役目を果たすタンパク質の一種。

まずはセメント質の汚れを超音波でそっと除去していくという歯周病の基本的な治療法「ルートプレーニング」を行ない、汚染組織を除去したのちに、このエムドゲインを歯の根に塗ることで、歯の発生過程に似た環境を再現します。それにより、初めて歯が生えたときと同じように丈夫な歯周組織の再生を促すというわけです。

GTRを用いた治療方法

GTRを用いた治療方法

GTR法は、1982年に発表された歯周病治療における新しい方法です。簡単にいうと、歯の周りに必要な組織を再生させて、歯を支える構造をできるかぎり元の状態に戻すという方法です。

具体的には、歯肉を切開してプラークを取り除いた上で、歯周組織が破壊されて空洞になった部分の歯周上皮の下へ人工の膜を挿入します。人工膜を入れることで、空洞部分や歯周組織の欠損部をふさいでしまう歯肉上皮の増殖を抑え、代わりにセメント質や歯槽骨を再生させるのです。

画期的な方法ではありますが、膜を取り去るために手術が2回必要であり、挿入する膜が人体にとって異物となるため免疫反応が起こり、雑菌が繁殖する可能性が出てくるという欠点もあります。

歯周組織再生療法を成功させるために

歯周組織再生療法を成功させるために

まずは、再生治療を行なうための前提条件を満たす必要があります。歯周疾患が細菌により引き起こされる歯周組織の感染症であると理解した上で、正しいプラークコントロールを実践し、治療の一環としてメンテナンスを継続することです。

そして、再生治療の手術を受けたのちの、心がけが効果を大きく左右します。健康な歯周組織を取り戻すには、数ヵ月から1年の期間がかかり、またその期間や再生の程度には個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なってきます。

治療後の処置のスケジュールについても患者によって変わってくるため、担当医の指示にしっかり従って下さい。いったん治療が終了しても定期健診を決して欠かさず、口内の衛生状態をチェックしてもらいましょう。

清潔な口内を維持してこそ、治療は効果を発揮します。ブラッシングなどの手入れを、毎日正しく丁寧に行ない、感染をしっかりと予防することも、とても大切です。