施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科での歯周病治療の実際の方法



歯周病は、いったん周囲の骨を溶かすほど進行してしまうと、基本的に元には戻りません。治療は簡単ではなく、重症の場合、歯を抜くしかなくなることもあります。早期発見、早期治療がとても大切です。

残念ながら歯周病にかかってしまった場合、どのような治療が必要になってくるのでしょうか。治療の流れと方法、期間についてもご説明します。

治療の基本、プラークコントロール

治療の基本、プラークコントロール

歯周病の治療スタイルは、進行具合によって一人ひとり異なりますが、最初に行なう基本治療は同じです。歯周病菌が増殖する原因となるプラーク(歯垢)や歯石を取り除く、いわゆるプラークコントロールと呼ばれる処置です。歯石とは、プラーク内の細菌などがカルシウムやリンを沈着させるようになり、プラーク自体が石灰化して硬くなったもののこと。

プラークは食事のたびに歯に付着するため、毎日の丁寧な手入れにより確実に除去すれば、自分でプラークコントロールすることも可能ですが、歯周病にかかっている場合は歯周ポケットが深くなっているため、ここに入り込んだプラークを自力で除去することは困難です。よって歯医者でプラークを取り除いてもらう必要があります。

歯周病治療は、このプラークコントロールに歯医者でのいくつかの治療が加わるという形になります。プラークコントロールだけで歯周病を完治させることはできませんが、歯周病を治していく上でプラークコントロールは欠かせないのです。

代表的な3つの治療方法

代表的な3つの治療方法

歯周病、とくに歯周病の初期に歯科医院で行なう基本的な治療法が「スケーリング&ルートプレーニング」です。それでも改善しない場合には、「フラップ手術」という歯周外科手術を実施します。それぞれの治療法と流れについて、具体的にご説明します。

スケーリング

スケーリング

スケーリングとは、スケーラーと呼ばれる器具を使い、歯磨きでは取り除くことができないプラークや歯石を麻酔なしで除去する治療法です。歯面や歯周ポケットの浅い部分に付着したプラークや歯石を取り除きます。

歯石自体は直接には歯周病の原因とはなりませんが、歯石は凹凸しており、プラークが付着しやすいため、早めに除去して歯周病菌の増殖を防ぐ必要があるのです。

主に初期の歯周病治療に有効です。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

プラークや歯石がひどくこびりついていて、歯周組織のセメント質に及んでおり、スケーリングだけでは取り除けない場合には、ルートプレーニングを実施します。キュレットという器具を使い、セメント質の汚れを超音波でそっと除去していくという治療法です。スケーリングとこのルートプレーニングでは、歯と歯茎の隙間に器具を挿入して、主に手探りで歯茎の中の歯石を取り除きます。

中期の歯周病には、スケーリングに加えてルートプレーニングを行ないます。

フラップ手術

フラップ手術

スケーリング、ルートプーニングを行なっても歯石が取りきれず、歯肉の炎症が残ってしまう場合や、歯周ポケットが改善しない場合に行なわれる歯周外科手術です。

歯周病に冒されている患部は、歯肉の奥です。そこでまず、この患部がよく見えるようにメスで歯肉を切って開きます。そのうえで、歯の根の間や深部に入り込んでいる歯石をハンドスケーラーで取り除きます。悪くなっている部分を直接目で見ながら、徹底的に汚れを落とすのです。

中期から末期の歯周病にはフラップ手術が行なわれることがあります。

歯周病治療の期間

歯周病治療の期間

歯の周囲の骨がほとんど溶けていない初期歯周病の場合は、およそ3~8回の治療ですみます。歯の周囲の骨が一部溶けている中期の場合は、2~6ヵ月程度が目安です。歯周病がひどくなり、歯がグラグラするなどの末期症状の場合は、4ヵ月~1年以上かかる可能性が高いです。

歯周病が一度改善されたとしても、汚れがたまると再度、症状があらわれることもあり、そうなると再び治療しなくてはなりません。末期の歯周病の場合は、治療が終わったとしてもメンテナンスが必須なので、通院を続ける必要があるでしょう。