施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯周病の症状とは



歯周病は歯を失う大きな原因となる恐ろしい病気ですが、やっかいなのは痛みなどの自覚症状が少なく、なかなか症状に気付きづらいこと。しかし手遅れになる前に治療すれば、もとの健康な歯肉を取り戻すこともできます。具体的な症状や進行について知っておきましょう。

歯周病の進み方

歯周病の進み方

歯周病にかかると歯肉や歯を支える骨などの歯周組織が破壊されていきます。歯肉だけ炎症を起こしている状態を「歯肉炎」、さらに悪化して歯槽骨まで破壊された状態を「歯肉炎」といいます。歯肉炎はいわゆる「歯槽膿漏」のことです。

歯周組織が破壊された結果、歯周ポケットと呼ばれる病的な深い溝ができます。手遅れになる前に歯科医院で症状をチェックしてもらい、深部まで侵入した細菌を排除すれば炎症は落ち着き、歯周炎の進行を食い止めることができます。

ただ、一度細菌を吸収してしまった歯槽骨を元の状態に戻すのは困難です。最悪の場合は、歯を失ってしまうことになりかねません。歯周病に早く気づくために、進行について知っておきましょう。歯周ポケットの深さが、歯周病悪化の指標になります。

正常な状態

正常な状態

正常な歯肉は淡いピンク色で引き締まっています。上下の歯がしっかりと噛み合い、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間の隙間は、ほとんど見られません。

(第一段階)歯周炎

(第一段階)歯周炎

歯周ポケットの深さは1~3mm。歯肉が炎症を起こして腫れ、歯磨きなどのちょっとした刺激でも出血しやすい状態になっています。歯と歯肉の間には深い溝、いわゆる歯周ポケットができ、細菌がたまっていきますが、歯を支える骨(歯槽骨)にはまだ影響が出ていません。

このような早い段階できちんとした治療を受け、正しいブラッシングを毎日心がければ、健康な歯肉に回復していきます。

(第二段階)軽度の歯周病

(第二段階)軽度の歯周病

歯周ポケットの深さは3~4mm。歯肉の炎症が進み、歯溝骨の吸収が起こってきている状態です。いわゆる「骨吸収」という、歯周病を代表する症状ではありますが、痛みやその他の症状は、まだ自覚しづらいです。水などが少ししみることもあるかもしれません。

(第三段階)中等度の歯周病

(第三段階)中等度の歯周病

歯周ポケットの深さは5~6mm。歯肉の下にある歯垢が歯石になり、歯肉の炎症を進めては溝骨を溶かし始めている状態です。歯周組織の破壊が進み、歯が少しぐらぐらしてきます。口臭を感じるようになります。

(第四段階)重度の歯周病

(第四段階)重度の歯周病

歯周ポケットの深さは7mm以上。歯周組織の破壊がさらに進み、痛くて食べ物が噛めない状態に陥りますが、この段階になってようやく歯周病に気づく人も多いです。早急に歯周病の治療を受けないと、歯を失うことになるでしょう。歯周病で抜いた歯は、根の先まで歯石が付いて、汚れてしまっています。

歯周病に早く気づくために

歯周病に早く気づくために

初期に目立った自覚症状がないため、歯周炎の段階で医師を訪ねていれば治療できたのに、中等度の歯周炎になって気づき、慌てて歯医者に行って気づくというようなパターンがとても多くなっています。口臭がある、歯ぐきが腫れたり出血する、噛むと痛い、虫歯がないのに冷たいもの、熱いものがしみるなどの場合は、早めに検査を受けましょう。歯医者では、目盛りのついた細い歯周ポケット用のスケールやレントゲンなどで、歯周病の進行具合を正確にチェックしてもらうことができます。