施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯周病は今や「国民病」



高齢になっても自分の歯を多く残し、元気な生涯を送るためには歯周病対策が不可欠です。歯周病とは、歯を支える「歯周組織」が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気のこと。誰でも罹患(りかん)する可能性が高く、予防が不可欠です。まずは、歯周病の現状や恐ろしい特徴、具体的な症状について見ていきましょう。

日本の成人の約80%が歯周病!

日本の成人の約80%が歯周病!

2005年の厚生労働省・歯科疾患実態調査によれば、軽いものも含めると20歳以上の8割以上が歯周病にかかっていることが明らかになりました。歯周病は虫歯と並ぶ、歯の代表的な疾患で、今や国民病ともいわれます。歯周病にかかると、プラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌に感染し、歯を支える歯周組織が破壊されてしまいます。歯周組織とは、歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨(顎の骨)のこと。はじめは歯肉が腫れたり、少し出血する程度ですが、放っておくと歯を取り巻く組織が壊されて歯がぐらぐらになり、ひどい場合には抜け落ちてしまうのです。

歯周病菌は虫歯菌と同じく誰もがもっている菌で、歯磨きを怠ったり喫煙など様々な原因によって増殖します。20代までの場合、歯を失う最大の要因は虫歯ですが、30代以降では歯周病が圧倒的です。また、歯周病は高齢になってからかかるものだと思っている人もいますが、それは大きな間違い。最近では10代にも歯周病が目立つようになってきています。多くの場合、初期段階である「歯肉炎」ではありますが、治療せずに放置しておけば歯周病はじわじわと進行し、30~40代で大切な歯を失ってしまうことにもなりかねません。

歯周病の怖い特徴とは

歯周病の怖い特徴とは

歯周病は恐ろしい病気だといわれます。自覚症状が少ないために、気づいたときには歯を抜くしかなくなっていたり、全身疾患に関係することも分かっています。

自覚症状が少ない

歯周病が怖いのは、初期段階では自覚症状が少ないこと。毎日かかさず歯磨きをしているのに、急に歯ぐきに異常が発生し、歯が抜け落ちてしまうことがあるのです。

虫歯と違って歯周病は、歯が全体的に吸収されていきます。歯ぐきの下の歯槽骨が溶け、骨が減ってしまうのです。ゆえに歯がぐらぐらしてきた場合は、数本単位で抜かなくてはならないケースが多く、一度抜きはじめると、短期間で総入れ歯になってしまうこともままあります。

重大な全身の病気を引き起こすことも

歯周病は歯をダメにしてしまうだけでなく、全身にも大きな影響を与えることが分かっています。心筋梗塞や脳卒中などの思い病気にかかる確率が高まったり、早産・未熟児産の割合が上がったり、また糖尿病患者のほとんどは歯周病になっています。

歯周病の主な症状をチェック

歯周病の主な症状をチェック

歯周病が気になる人は、まずは自己チェックをしてみて下さい。症状が出ている人は、歯科医で詳しく検査してもらうべきでしょう。

初期(歯肉炎)

  • 歯磨きをすると、ときどき出血する
  • 歯ぐきに赤いところがある

中期(歯肉炎)

  • 歯磨きをすると、出血する
  • 歯が浮いているような感じがする
  • 歯ぐきにかゆみがある

重症(歯周菌)

  • 歯ぐきが、時々赤く腫れて痛む
  • 歯ぐきから血や膿が出ることがある
  • 口臭がある
  • 歯が移動する
  • 冷たいものを飲食すると歯がしみる
  • 噛みづらい食べ物がある

末期(歯周炎)

  • 歯がぐらぐらする
  • 歯ぐきがぶよぶよして血や膿が出る
  • ひどい口臭がある
  • 食べ物が噛みづらい