施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

虫歯をつくる糖尿病



糖尿病においては様々な合併症が知られていますが、虫歯を始めとする歯の病気にかかりやすくなることでも知られています。糖尿病と虫歯の関係性、糖尿病が歯の病気を引き起こす原因や注意すべき点について、ご説明します。

糖尿病と虫歯との関係

糖尿病と虫歯との関係

糖尿病にかかると、目がかすみ見えづらくなる、足が不調で歩きづらくなる、人工透析をしなくてはならなくなるなど、いろいろな悪い症状が出てきます。怖い病気であることに間違いはなく、生活を不便にしてしまうことがとても多いです。

そして、意外と知られていないことなのですが、糖尿病は「歯の病気」の原因になってしまうことがあります。糖尿病になると様々な合併症を引き起こして体中に影響が出る可能性があることが分かっていますが、歯や歯肉も例外ではないのです。

統計的にも、糖尿病患者は、糖尿病でない人に比べて、高い率で虫歯や歯周病になりやすいということが報告されており、歯科医師の間では、歯周病や虫歯が糖尿病と関係しているというのは今や常識。歯周病においては、ときには歯科医にかかっていて糖尿病が発覚することさえあります。

最近では内科医にもこの関係が知られ、歯科医との連携がとられるようにもなってきているようです。

糖尿病が虫歯を引き起こす原因

糖尿病が虫歯を引き起こす原因

一体なぜ、どのように糖尿病が虫歯を引き起こしているのでしょうか。さらに、糖尿病は歯周病とも深い関わりがあります。そのメカニズムを見ていきましょう。

唾液量の減少

唾液量の減少

虫歯とは、歯に付着した食べかすが、最近の塊であるプラークとなって酸を発生させ、その酸が歯を溶かしてしまうという現象です。通常は食後に酸性へと傾いた口の中を唾液が自然に洗い流してくれ、自浄作用で正常な状態、中性に戻ります。

ただし糖尿病を罹患すると、口腔乾燥症という合併症を発症し、唾液の量が減少して口の中が乾燥してきます。唾液の量が少なくなれば、自浄作用が低下してしまうので、口の中の酸性が中性に戻るのに時間がかかります。酸性になっている時間が長ければ長いほど、歯の溶けている時間が長くなりますから、正常な唾液量の人より何倍も虫歯にかかりやすくなってしまうのです。

間食の増加

間食の増加

糖尿病を罹患すると、血糖コントロールのために食事の量を減らして、少量ずつ何度も食べなくてはならない、という人も多いです。食べる回数が増えると、口腔内で細菌の作り出す酸がなかなか減らずに酸性へと傾き、日上に虫歯ができやすい環境になってしまいます。

免疫力の低下

免疫力の低下

糖尿病においては高血糖の状態となるため、血流に障害が発生することが知られています。細い血管はふさがってしまい、太い血管では動脈硬化が進み、血液の流れが悪くなるわけです。

これは歯肉内でも同じで、歯肉内の毛細血管の血流が悪くなるために免疫細胞が機能せずに免疫力が下がってしまいます。ゆえに虫歯菌への感染が加速し、虫歯が増えてしまうことになります。歯周病においても同じメカニズムで、歯周病菌の感染が容易になってしまい、歯周病にかかりやすくなるのです。

治療にあたっての注意

治療にあたっての注意

以上に述べたように、糖尿病が原因で発症した虫歯や歯周病においては、通常の治療だけでなく糖尿病自体の治療で血糖値を下げなければ、治ったように見えてもすぐに再発してしまう可能性があります。血糖値のコントロールとプラークコントロールの連携がうまくいけば、相乗効果でどちらの症状も良くなる場合もあるので、各専門医のもと治療に励むようにしましょう。

また、虫歯・歯周病にせよ糖尿病にせよ、早期発見、早期治療がもちろん大切です。歯については歯科医の定期検診を習慣付けましょう。糖尿病においては、定期健康診断や特定健診(いわゆるメタボ検診)を毎年欠かさず受けるようにして下さい。