施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

クラウン、ブリッジとは



クラウン、ブリッジとは、歯科治療で歯を欠損した場合に、それを補うために使われる物です。自分の歯に近い形で機能してくれる心強い味方になってくれます。それぞれの役割や違いについて、理解しましょう。

クラウンとは

クラウンとは

クラウンとは、虫歯などで歯が大きく欠損した場合に歯科治療で用いられる金属などの修復物の総称です。歯は歯茎の中にある根の部分(歯根)と口の中に出ている頭の部分(歯冠)に分けられ、虫歯の際にぼろぼろになってしまうのはこの歯冠がなくなるからです。

しかし歯根がしっかりしていれば、クラウンによる治療が受けられます。機能、形と美しさと回復させることができるのです。歯の欠損の度合いが大きい場合、神経を取ってしまったケースには、歯根に土台(コア)を入れてから、その上にクラウンを被せることもあります。

クラウンの種類

クラウンの種類

クラウンの金属はいわゆる銀歯や金歯といわれる物で、強度があり耐久性に優れています。クラウンの種類を見ていきましょう。

硬質レジン

硬質レジン

硬質レジンとは歯科用プラスチック樹脂のことです。前歯のクラウンには、中身は金属で、前から見える部分には硬質レジンを貼り付けた物がよく使われます。前歯や犬歯には保険が適用されます。天然の歯の色に似ているため見た目が自然で、しかも中身が金属なので丈夫です。

ただ、表面に傷が付きやすく、時間の経過とともに変色を起こしやすいという欠点もあります。

セラミック

セラミック

金属に陶器を焼き付けたセラミックは、硬質レジンの欠点を補った物です。より透明感が高く、いっそう天然の歯に近い色を実現できます。しかも表面が滑らかなので汚れが付きにくく、ほとんど変色しません。ただし、保険対象外です。

ハイブリッドセラミックス(強化プラスチック)

ハイブリッドセラミックス(強化プラスチック)

セラミックにレジンを混ぜた材料で作られた物です。従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩耗を改善しています。適度なやわらかさをもっており、使う場所によっては効果的です。見た目もセラミックに近い美しさが実現できます。こちらも保険対象外です。

他にも、金属の中身にセラミックを貼り付けた「メタルボンド」、すべてセラミックでできた「オールセラミック」など様々な種類があります。

ブリッジとは

ブリッジとは

ブリッジとは、抜歯などによる欠損歯の代わりとなる人工の歯を、両隣の歯に被せる冠と一体で作った物で、その名の通りちょうど橋を架けるような形で連結した歯を被せて欠損部位を補うという治療法です。

つまり両隣の歯を土台にして人口歯を支えるというスタイルで、欠損歯前後の歯の治療も必要となるため、その際にはある程度の歯の削除量が必要となります。

ブリッジの長所

ブリッジの長所

入れ歯のように取り外し式ではなくしっかりと固定するので、着脱のわずらわしさがなく、安定性があります。もちろん食事や会話中に外れることもありません。また自分の歯とほとんど変わらない状態で噛めるので、違和感なく食事ができます。

ブリッジの短所

ブリッジの短所

両隣にある歯を大きく削らなくてはなりません。また土台になる歯に負担がかかってしまいます。さらに清掃性が悪く、人工歯の下の部分に汚れがたまりやすくなります。

クラウン、ブリッジを用いた治療後の注意点

クラウン、ブリッジを用いた治療後の注意点

クラウンを被せたからと言って、もう今後は虫歯にならないと言うわけではありません。クラウン自体は金属ですが、クラウンと歯との境目は当然ながら、歯なのです。その部分から虫歯になることも十分ありえます。きちんとブラッシングを行ない、定期健診を受けましょう。

また、ブリッジは欠損した歯の部分を補うため形態が複雑になり、汚れがたまりやすくなります。ですから、支台歯と欠損部分を補っている部分の両方に対して、適切なブラッシングを行なう必要があるのです。かかり付けの歯科医院で指導を受けるようにして下さい。