施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

歯科での早期治療が歯の寿命を縮める!?



虫歯はごく軽い物から重症なタイプまであり、その段階によって治療法が大きく変わってきます。そして、場合によっては削らずに経過観察することが大切な段階もあるのです。早期治療を重視して歯を削ってしまうことで、寿命を縮めてしまうこともあるため、不安や疑問がある場合は、医師に質問、相談をすることも大切でしょう。

できるだけ削らない虫歯治療へ

できるだけ削らない虫歯治療へ

かつては小さな虫歯であっても大きく削るという治療が広く行なわれていました。「早期発見、早期治療」が常識的な方針だったのです。しかし、虫歯の発生メカニズムがより明らかになってきた現在では、「できるだけ削らない、抜かない治療」という流れになってきています。「早期発見、経過観察」が効果的であり、具体的に言えば、エナメル質に限った虫歯は治療を急ぐべきではないというスタンスです。

かつては虫歯には自然治癒力がないと考えられてきたのですが、エナメル質に限っては、再石灰化により虫歯が治癒できることもあると分かってきました。特にフッ素を使用する場合に再石灰化が起こりやすくなります。削って治すのではなく、フッ素を使って再石灰化するかどうか、経過を見ていく必要があるのです。

歯科医師の指導を受けてきちんと正しくブラッシングを行ない続ければ、進行は抑えられますし、ケースによっては歯がもとに戻る可能性があります。わずかにエナメル質が溶けている初期の段階で虫歯が見つかれば、理想的です。

なぜ、削ると寿命を縮めるのか

なぜ、削ると寿命を縮めるのか

エナメル質に限定した虫歯では、早い時期から削る治療を進めてしまうことは、逆に歯の治療を縮めることにもなりかねません。エナメル質は人間の体の中で最も硬い部分であり、虫歯の進行もとても遅いのです。数年を経たとしても大して進行しない場合もあります。それを歯科医師が勝手な判断で簡単に削ってしまう、つまり詰め物をするために虫歯より大きく削ってしまうと、一瞬にして虫歯の進行の数年分を削ってしまうことになるわけです。もちろん歯の寿命のためにはよくありません。

エナメル質の下の象牙質はとてもやわらかく虫歯の進行も早いため、象牙質まで進行した虫歯であれば「早期発見、早期治療」の対象になります。冷たい物や甘い物などを食べたときにしみたり、痛んだりする段階で、虫歯の部分を削り、インレーやクラウン(人工の歯)をいれるのが一般的な治療法です。

歯の寿命を縮めないために

歯の寿命を縮めないために

自分の虫歯がエナメル質に限った物なのか、もしくは象牙質まで進んだ状態なのか、自己判断は簡単ではないかもしれません。ただ、歯の表面が軽く黒っぽくなっているくらいの虫歯であれば、エナメル質に限っているので、削ってまで治療することは望ましくない場合が多いです。

「早期発見、早期治療」を方針とする歯科医であるのか、「早期発見、経過観察」を大切にしてくれる歯科医なのか患者として見極めることは難しいかもしれません。ひとつのポイントとしては、虫歯の予防に力を入れてくれ、再石灰化を促進するフッ素の使用方法をきちんと説明してくれる人でしたら、「早期発見、経過観察」を重視してくれる良心的な歯科医である場合が多いと言えるでしょう。

なお、歯というのは、治療した物程また虫歯になったり歯周病にかかってしまう可能性が高いのです。どんなに丈夫な物をかぶせたり詰めたりしても、天然の歯に比べてもろくなってしまうからです。症状が出ていないうちに、こまめに健診やクリーニングをしてもらうようにして下さい。