施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

虫歯の進行度合いと症状



歯医者さんがよく歯科検診で「C1、C2…」などと口にしているのを聞いたことがあるかと思います。「C1、C2…」とは、虫歯の進行具合のことを意味し、歯の状態によって、虫歯の進行具合を各過程に分けているのです。虫歯は気がつかない間に進行してしまうため、痛くなってからではすでに手遅れです。定期的に歯科検診を受けるようにして、初期の過程で虫歯を見付けることが望ましいでしょう。

進行度合いごとの各症状について

進行度合いごとの各症状について

虫歯は英語でカリエス(Caries)と言い、Cはその頭文字をとった物です。進行度合い、過程によりC0からC4まで5段階に分かれています。それぞれの症状と過程について、ご説明します。

C0の虫歯

C0の虫歯

エナメル質(歯の白色半透明の硬い部分)の表面が酸によってわずかに白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態で、見た目にはほとんど分かりづらい、虫歯のごく初期の状態です。痛みはまったくありませんし、この程度なら再石灰化が期待できます。歯科医師の指導を受けて、しっかりブラッシングしていれば、進行がのスピードを抑えられたり、場合によっては完全に止めることもできます。歯がもとに戻る可能性もあるのです。虫歯がこの時期に見付けられれば、理想的だと言えるでしょう。

C1の虫歯

C1の虫歯

エナメル質に限った虫歯のことです。エナメル質には神経が通っていないため、痛みやしみるなどの自覚症状はこの段階でもまったくありません。削るかどうかは、フッ素を使って再石灰化するかどうか経過を見つつ、明らかにこのまま進行していくと歯科医師が判断すれば、虫歯の部分を削り、空いた部分に詰め物をします。過程としては、まだ初期の状態です。

C2の虫歯

C2の虫歯

虫歯がエナメル質を通過し、象牙質まで達した状態です。象牙質は、エナメル質と違って再石灰化することなく、硬さも5~6倍やわらかいので、あっと言う間に歯髄(歯の神経)に向かって進行していきます。この段階ではまだ歯髄に達しているわけではありませんが、冷たい物や甘い物を食べたりしたときにしみたり痛みを感じたりする段階です。この状態ではなるべく早く治療をしなければなりません。

特にデンタルフロスによる手入れをしていない人は、歯と歯の接点(コンタクト)から虫歯になり、本人が気づかないうちに虫歯が進行してしまうことも多いです。

C3の虫歯

C3の虫歯

虫歯が歯髄まで達してしまった状態です。この段階には、常時激痛を伴うことになります。ここまで進行してしまうと、歯の神経を取り除く必要がありますが、いったん神経を取ると、そのあとその歯は、血液の循環によって栄養を補給することができなくなってしまい、年々弱っていきます。最終的には枯れ木と同じような状態になってしまうのです。そうならないためにも、C2の段階までに発見し、見付けたらすぐに治療をすることが大切です。

C4の虫歯

C4の虫歯

歯の根まで虫歯が進行し、根(歯根)だけが残った状態を言います。歯の神経が自ら死んでしまっているため、いっときの激しい痛みが消えますが、神経を温存することはもう不可能です。例え神経が死んでしまっても、歯が残っていればそこに人工の歯をのせることができます。まずはこの「根の治療」を目指しますが、非常に難しいため、残念ながら抜歯をするしかない場合もあります。