施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

歯科における保険治療と保険外治療の
違い&選択するポイント



虫歯や歯周病などの軽度の治療の場合は保険内治療の場合が多く、高度な技術や高額な費用がかかる治療の場合は保険外治療となる場合が多くなります。

両者の特徴や違いについて解説します。

保険治療と保険外治療の違い

保険治療と保険外治療の違い

保険治療とは、"わるいところを治す"ことが一番の目的となります。ですから、従来の治療法で治すことができる症状を、専用の機器や高度な技術を使用して他の治療法を選択する場合は保険外治療となることが多いです。また、見た目の改善が目的の審美治療なども保険外治療となります。

治療費

治療費

保険治療の場合は、治療費の3割負担が基本です(年齢や所得によって異なります)。治療費を決める保険点数は国で定められた数字なので、全国どの歯科に行っても同じ治療ならほぼ同じ治療費となります。

保険外治療は治療費が全額負担なことに加え、歯科によって治療費に大きな差があります。保険治療よりも3倍から、高い歯科ですと10倍以上の治療費になることもあります。

治療方法

治療方法

保険治療はあらかじめ決められた方法でしか治療できませんが、保険外治療なら制限がありません。

虫歯のような軽度の症状であれば保険治療で十分ですが、複数の症状がある場合などは保険外治療にして治療の選択肢を増やすこともおすすめです。

治療に使用する材料

治療に使用する材料

治療内容と同様、保険治療は決められた材料のみを使います。保険外治療ではまったく制限がないので、特殊な材料や利便性の高い道具を使うことができる可能性があります。

保険治療の例

保険治療の例

健康保険でできる治療の一例をご紹介します。

  • 虫歯を削る
  • 抜歯
  • 神経の除去
  • 詰め物や被せ物(プラスチック、銀歯など)
  • 入れ歯(一部の治療)
  • ブリッジ(一部の治療)
  • 歯石の除去
  • ブラッシング指導(一部の治療)

保険外治療の例

保険外治療の例

自由診断となる治療の一例をご紹介します。

  • ホワイトニング(審美治療)
  • インプラント
  • 歯列矯正
  • PTMCなどクリーニング
  • 詰め物や被せ物(セラミック、金歯)
  • フッ素塗布(一部の治療)

治療の質

治療の質

保険治療では決められた治療内容と治療費をもとに、限られた時間の範囲で治療を行ないます。一方、保険外治療では高額の治療費をもとに十分な時間をかけて、制限のない治療内容で治療を行ないます。

保険治療の質が低いということでは、まったくありません。ただ、保険外治療のほうが、丁寧で上質な治療が期待できることが多いかもしれません。

選択のポイント

選択のポイント

保険治療か保険外治療が選択できる場合、メリットやデメリットを歯科医から良く聞いてから判断しましょう。高性能な機器や材料、技術を使う方がより症状の完治や持続性など、より効果的な結果が受けられるかもしれません。しかし、費用は高額になります。通院回数などが増えるかもしれませんが保険治療のほうが、断然経済的です。また、保険治療で十分完治することができる症状もたくさんありますし、すべて保険治療だけで済ませたい旨を歯科医に相談してみても良いでしょう。

重要なのは、治療前の確認です。治療方針や治療計画、治療費についての説明をよく聞きましょう。不明点があれば積極的に質問し、治療後に思い違いがないように。

さらに、治療について知る努力をすることもおすすめです。ある程度で良いので、自分の症状や治療について調べておけば、歯科医からの説明もより理解が深まるかもしれません。