施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科におけるセカンドオピニオンの重要性



歯科に限らず病院に通院する際、適切で優れた治療を受けたいと、誰もが思うのではないでしょうか。よりその理想に近づけるためにも、セカンドオピニオンを利用することは有効です。

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは

「セカンドオピニオン」、直訳すると「2番目の意見」となります。ある治療を受ける際、その歯科医の意見だけではなく他の複数人の歯医者に意見を求めて、その中から最適な治療法を選びます。ここで言う「他の複数人の歯医者の意見」がセカンドオピニオンにあたります。また、このように意見を求めることを、「セカンドオピニオンを求める」と言います。

歯医者や歯科医によって治療の方針や内容、考え方は異なります。まったく同じ症状だとしても治療法が異なってくることもあるので、セカンドオピニオンを求めて、適切な治療法を見付けましょう。

セカンドオピニオンの利用方法

セカンドオピニオンの利用方法

まず歯医者に電話をして、セカンドオピニオンを実施しているかを確認することが基本です。実施しているのであれば、簡単に治療したい症状と現在の歯科医から聞いている治療内容を伝え、予約をしましょう。

一般の診察と同様に、セカンドオピニオンを求めるには予約が必要です。飛び込みで歯科に行ってもセカンドオピニオンを受けることはまず不可能です。

セカンドオピニオンの費用

セカンドオピニオンの費用

セカンドオピニオンは保険の適用外です。高額になるケースが多いので事前にしっかり確認しましょう。費用の例として二通りあります。

  • 総合歯科医院や大学病院の場合、30分あたり15,000~20,000円
  • 一般の歯科の場合、30分あたり無料~15,000円

このように大きな差が出てきますが、内容にも差が出てくることが考えられます。大学病院の場合は常駐している専門医が担当するかもしれませんが、一般歯科の場合は歯科医ではなく歯科衛生士が対応することもあります。特に無料のセカンドオピニオンには気を付けましょう。治療の勧誘や一部別料金が発生するかもしれません。

セカンドオピニオンの重要性

セカンドオピニオンの重要性

セカンドオピニオンの一番の特徴は、より多くの意見を聞くことでより適切な治療を選択することができることです。歯科医によって考え方や経験が異なるので、より多くの意見が聞けるとベストです。

歯科医が提案してくれる治療法にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。自分が何を重要視して、どの治療法を選択するかが大切なのです。その選択をより理想的で、より適切な物に近づけるためにも、セカンドオピニオンを積極的に利用しましょう。

セカンドオピニオンが有効な治療例

セカンドオピニオンが有効な治療例

セカンドオピニオンの制度はどの治療においても利用することができますが、保険外の治療で費用が高額になるケースでの利用が多いようです。これには、保険内治療が全国一律で治療費と治療内容が決められているため差が出にくいことが要因しです。また、保険内治療は比較的小額なので、場合によってはセカンドオピニオンの費用のほうが高くなるということも関係していると考えられます。

つまり、保険外治療もしくは高額な治療費になる可能性がある場合に、セカンドオピニオンの利用が有効になるわけです。一例としてインプラント治療や審美治療、重度の歯周病治療などがあります。