施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科治療途中での転院・転医について



急な転勤による転居や、治療内容に不満があるなど、治療途中で歯科を変更したくなることもあるでしょう。基本的には問題ありませんが、注意すべきこともあります。

治療途中の転院・転医は可能、手続きも不要

治療途中の転院・転医は可能、手続きも不要

治療の都合で、一般歯科から専門的な歯科や総合歯科医院を紹介された場合は、転院が必要です。両医院のネットワークがあるので、治療内容の引き継ぎも問題なく進むでしょう。患者がする手続きもありません。急な転居の場合も同様で、手続きも不要で、問題なく転院ができます。

転医・転院のメリット

転医・転院のメリット

以前とは異なる新しい検査や、新しい診断により、見付かっていなかった病気を見付けることができるかもしれません。また、通院の距離や治療の内容に納得できるようになるでしょう。

転医・転院のデメリット

転医・転院のデメリット

転医・転院により問題は解決することが多いですが、それと同時にリスクを伴います。よく考えてから行動することも大切です。

安易な理由は要注意

安易な理由は要注意

「歯科医の態度が良くない」、「歯科医と性格が合わない」などでの転院はあまりおすすめできません。歯科医は虫歯一本の治療だけではなく、歯全体の状態を考慮して治療を進めています。両医院とのつながりがなく、コミュニケーションがなければ、治療計画を新しい歯科医が一から作ることとなり、引継ぎが難しく時間もかかることでしょう。

しかし、治療計画や治療方針など技術的なことで納得できないのであれば、転院をおすすめします。不安な状態のまま治療を進めていくことはやめましょう。治療方針は歯科医によって異なりますので、自分に合う専門の歯科医や総合病院を探すことも重要です。

治療費がかさむ

治療費がかさむ

転院すると、初診料もレントゲン撮影料も再度必要になってきます。ひとつの治療期間に、二重に支払う部分が出てきてしまう点がデメリットとして挙げられます。

転医・転院のポイント

転医・転院のポイント

転居や紹介によって転院するのではなく、不満や問題があって転院する場合のポイントをご紹介します。

転院する歯科選びは慎重に

転院する歯科選びは慎重に

不満や不信感により転院するのですから、同じようなことが起きてしまっては意味がありません。歯科のホームページなどで、その歯科の専門分野や治療の方針、設備などを確認しましょう。口コミ情報が確認できるサイトを見るのも良いでしょう。分からないことがあれば電話で聞いてみましょう。

転院理由を明確に

転院理由を明確に

以前の歯科で感じていた不満を解消することが、新しい歯科での一番の目的となります。新たに担当する歯科医も、それを考慮することで治療計画が立てやすくなります。

診察・治療は最初からやり直しに

診察・治療は最初からやり直しに

このケースでは両医院の引き継ぎがスムーズにされていないことが多いですから、問診も初めからになるでしょう。レントゲン撮影など治療についても同じことをするかもしれません。それだけの時間や通院回数が増えることは覚悟しましょう。

矯正歯科の転医・転院の場合

矯正歯科の転医・転院の場合

転居などでやむを得ず転院しなければならない場合、矯正歯科は安心です。矯正歯科医会には全国各地に約400人の矯正歯科の専門開業医(オルソドンティスト)である会員がおり、スムーズな引き継ぎができるような体制が整っています。