施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

かかり付けの歯科医をもとう



かかり付けの内科があるという人は少なくないでしょう。歯科も同じように、かかり付けをもつことが大切です。

かかり付け歯科医とは

かかり付け歯科医とは

かかり付け歯科医とは、歯の治療や定期的な検診・相談など、口腔内の健康を日常的にサポートしてくれる歯科医と歯科医療機関のことを言います。2001年(平成13年)4月からは、医療保険に「かかり付け歯科医」という事項が加わりました。これにより患者は、治療法の選択や治療にかかる日数、以前の治療方法などの情報を歯科医から提供させることができるようになりました。

日本歯科医師会も、「患者さんのライフサイクルに沿って、口と歯に関する保健・医療・福祉を提供し、地域に密着した幾つかの必要な役割を果たすことができる歯医者さんのこと」として、推奨しています。

かかり付け歯科医の役割

かかり付け歯科医の役割

患者のニーズに応じた相談を受け、治療を行ないます。虫歯や歯周病の予防への指導や定期的な検診を呼びかけます

障害者や要介護者、福祉施設や在宅患者の人にも適切な診察と治療を行ないます。

ひとつの歯科だけではなく、大学病院や内科などとも連携して、チームとして医療を行ないます。

かかり付け歯科医をもつことのメリット

かかり付け歯科医をもつことのメリットをまとめました。

過去の受診内容の確認

かかり付け歯科医をもつことのメリット

虫歯のたびに通院する歯科を変えていては、もちろん過去の治療の情報は分かりません。継続して通院していれば、受診内容の把握に加えて、自分の歯の環境も理解してもらえ、治療方針や予防に生かすことが期待できます。また、スピーディな診察・治療が期待できます。

適切なアドバイス

一人ひとりの患者に対して情報管理が徹底されているので、指導も的確です。

専門医や他病院との連携

多くの歯科では、インプラントなど歯科に関する専門医から、内臓疾患にかかわる内科まで、幅広いネットワークを構築しています。専門医がいる病院や大きな大学病院などの連携体制もあります。

定期的な検診

ブラッシング指導やPMTC、歯石除去などの検診を、歯科医から提案してくれます。定期的にハガキで連絡してくれる歯科もあります。

長いお付き合いで、相談も気軽に。

幼少期から成人になっても通い、さらに自分の子どもの付き添いともなると、非常に長期間のお付き合いとなります。長きにわたるコミュニケーションで信頼関係が育まれ、相談も気軽にすることができるようになるでしょう。

かかり付け歯科医だから聞きやすくなる相談内容

かかり付け歯科医だから聞きやすくなる相談内容

信頼関係が築くことができたかかり付け歯科医には、積極的に歯や口の健康に関する相談をしましょう。前述の定期的な検診は、かかり付け歯科医ならではのメリットが多くありますが、他にも訪問歯科診療についての相談、専門の病院の紹介、転居先でのかかり付け歯科医の紹介など、幅広く相談に乗ってくれるはずです。

日本歯科医師会による、かかり付け歯科医に相談できること

  • 歯列矯正などの専門的な治療についての相談
  • 薬を服用中だが歯科治療を受診できるか
  • 専門の病院を紹介してほしい
  • 転居するのでかかり付け歯科医を紹介してほしい
  • 訪問歯科診療が受けられるか
  • 定期的な健康管理が受けられるか

など