施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科治療を受ける際の心がまえ



歯科は病院ですから、専門的な治療を行ない、専門的な知識で指導をしてくれます。そのため予備知識を持たずに通院しても何も問題ありませんが、少しでも知識があると、治療の選択や医師とのコミュニケーションの際に役立つことが出てくるかもしれません。

歯科の専門分野を知る

歯科の専門分野を知る

かかり付けの歯科医やこれから通院しようとしている歯科医が、何を専門としているのか知っていますか?自分の症状に合った歯科医と歯医者選ぶことも大切です。

歯医者と専門医の一例をご紹介します。

一般歯科

虫歯や歯周病の治療を行ないます。ブラッシング指導を行なうこともあります。

矯正歯科

歯並びや噛み合わせの矯正を専門とする歯科です。言葉の発音や、体全身の健康にも関係しています。

小児歯科

子ども専門の歯科です。子どもは大人に比べて虫歯になりやすく、乳歯と永久歯の治療法の違いなど、子ども特有の治療が必要なのです。

口腔外科

口の中に関する外科手術を行ないます。一般歯科では対象としない、外科矯正や口腔がんの治療などの大きな手術を行ないます。

審美歯科

おもに見た目の美しさに重きを置いた医療を行なう歯科です。歯並びや噛み合わせの矯正をかねることもあります。

その他の歯科

他にも、高齢者特有の歯の治療を対象とした「高齢者歯科」があります。60歳以上の高齢になると唾液の分泌量が低下し、口の中の細菌が増加しやすくなります。虫歯や歯周病になりやすい歯の治療と指導を行ないます。

また、ブラッシング指導やPMTC、歯石除去などにより、虫歯や歯周病の予防の指導を行なう「予防歯科」、欠けてしまった歯や抜けてしまった歯を、人工物を使って回復させる「穂綴科」、インプラント治療の診断や治療方法の説明・選択、適切な処置を行なう「インプラント専門医」などがあります。

歯科医とのコミュニケーション

歯科医とのコミュニケーション

歯医者は一回の通院だけでは治療は終わらず、長いお付き合いになることが多いです。担当する歯科医師と、しっかりコミュニケーションを取ることを心掛けましょう。自分の口の中の状況を伝え、さらには相談や意見が言えるのが望ましい関係です。信頼関係を築くことで、気持ちよく治療を進めることができるはずです。

選択肢の増加

選択肢の増加

日進月歩、歯科治療の技術は進んでいます。抜けた歯の治療を例にしますと、以前は部分入れ歯やブリッジが代表的な治療法でした。現在では、歯が抜けた部分に人口の歯の根を埋め込み、上部に人口の歯を装着するというインプラント治療があります。

専門的なことなので歯科医に任せても良いかもしれませんが、"治療法は選択できる"ということだけでも覚えておいても良いでしょう。

毎日の歯磨きが何より大切

毎日の歯磨きが何より大切

歯を健康に保つには、毎日の歯磨きが基本となります。それは治療の前後も、検診の前も、同じことです。そのことを理解して毎日のケアを行なってから、取りきれなかった歯垢についてブラッシング指導を受けたり、PMTCなどでクリーニングしてもらったりすることで、より効果が得られるでしょう。