施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

年代別、虫歯・歯周病の予防法



歯の健康状態は年齢によって違うため、虫歯や歯周病の予防法も同様に異なります。

生まれる前(妊娠中の母親)

生まれる前(妊娠中の母親)

虫歯の対策は妊娠中から始まります。胎児の歯の形ができるのは、一般的に妊娠3ヵ月頃。虫歯の原因となる虫歯菌は、母親の口の中からうつる可能性が高いので、妊娠中の母親が自分の歯を健康に保つことを意識することは大切なのです。

歯だけではないですが、母親の栄養摂取不足で胎児の健康に影響が出ないようにしましょう。偏食をせず、バランスの取れた食生活を。

妊娠中は体内ホルモンの影響で歯周病菌が増加するともいわれています。歯科で専門的なアドバイスを受けることをおすすめします。

0歳から6ヵ月頃まで

0歳から6ヵ月頃まで

生まれたばかりの乳児には虫歯菌がありませんが、母親からの感染に気を付けましょう。ミルクの温度を確かめるために、哺乳瓶の乳首に唇を触れたり、キスをしたりするのは禁物です。

6ヵ月から1歳半頃まで

6ヵ月から1歳半頃まで

乳児は6ヵ月頃から消化機能が発達し、離乳食が食べられるようになります。その際、ミルクの温度と同様に、離乳食の温度確認や味見した同じスプーンを使うことは禁物です。

離乳食は無味、薄味が基本です。この時期の食生活がのちの好き嫌いへとつながるともいわれていますので、種類の偏りや味付けに気を付けましょう。甘い物好きになってしまっては、糖分のとりすぎにより虫歯になる可能性が高くなってしまいます。

1歳半頃までには、上下の歯が生えてきます。綿棒を使って歯垢を取り除いてあげましょう。

1歳半から3歳頃まで

1歳半から3歳頃まで

3歳頃までには、すべての乳歯が生えそろいます。子ども用の歯ブラシを使い、一本一本、丁寧に磨いてあげましょう。自分から歯磨きをする習慣も大切なので、興味を持ったら歯ブラシを渡しても構いません。子どもが歯磨きをしたあとは、ちゃんと磨けていたかどうかを確認することも忘れずに。磨き残しがあれば、教えながら磨いてあげましょう。

また、この時期に虫歯菌に多く感染すると、大人になっても虫歯になりやすいといわれています。感染を防ぐためにも、母親をはじめ家族全員が虫歯のない健康な歯を保つように心掛けましょう。

3歳から6歳頃まで

3歳から6歳頃まで

歯が生えそろうと、歯と歯の間に食べかすや歯垢が残りやすくなります。これにはデンタルフロスが有効です。子どもの口は小さいので、柄がついたものではなく、糸のみのほうが使いやすいです。

6歳から12歳頃まで

6歳から12歳頃まで

最初の永久歯、6歳臼歯が生えてきます。奥歯なので歯ブラシが届きにくく、歯垢が残りやすいです。また歯の石灰化能力が不十分だったり、形が複雑だったりすることもあり、虫歯になりやすい部分です。

さらには乳歯から永久歯への生え変わりも進みます。歯が抜けていたり歯並びがそろっていなかったりと、正しく歯磨きをするには子どもにとって難しいことが少なくありません。

フッ素入りの歯磨き粉の使用は効果的です。加えて、歯科に定期的に通い、検診やフッ素のコーティングをしてもらうこともおすすめです。

12歳から15歳頃まで

12歳から15歳頃まで

12歳頃までにすべての永久歯が生えそろい、15歳頃までに大臼歯まで生えてきます。この時期の永久歯はまだ十分に硬くなく、石灰化していません。そのため酸に弱く、酸性になりやすい糖分が多い食べ物や飲み物が原因で虫歯になることがあります。多量の摂取は控えましょう。

15歳頃から20歳代

15歳頃から20歳代

進学や就職により親から離れることもあるこの時期。さらにはコンビニやファストフードに偏った食事、飲酒や喫煙など、食生活や歯の健康を乱す可能性が高くなってきます。

ストレスなどの精神系や神経系の疾患があると、唾液の分泌が少なくなり歯周病の原因にもなります。

毎日の歯磨きは基本として、食生活や生活習慣を整えていくことが、歯の健康を保つことにもつながるのです。

30歳代から50歳代(中年期)

30歳代から50歳代(中年期)

この年代になれば、虫歯になることは非常に少なくなってきます。その反面、中年期の8割に歯周病の症状があるといわれています。

過去に治療した歯が再度悪化し、歯周病の原因になることが多いです。定期的な検診で、歯の状態を確認してもらいましょう。

また、歯ぎしりや奥歯を噛み締めるクセがある人は要注意です。噛み合わせる時間が増えることで、歯が無駄に磨耗してしまい、歯周病の原因になることもあります。

60歳代以降(壮年期・高齢期)

60歳代以降(壮年期・高齢期)

40~50歳代の頃から体力や免疫力の低下、唾液の分泌量の低下は始まりますが、60歳以降はより顕著になります。より歯周病患者も増えてきます。

この時期では、体力の低下や病状により上手に歯磨きをすることが難しくなってくるかもしれません。家族や周囲の人は、普段の歯磨きの手伝いから定期的な検診の付き添いなど、積極的にサポートをしましょう。

高齢者のための介助歯磨き用の器具もあります。また高齢になったとしてもフッ素は効果的ですから、検診でフッ素のコーティングをすることをおすすめします。