施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

良い歯磨き粉の選び方



歯磨きでます大切なことは、適切な歯ブラシを選び、正しい磨き方をすることです。歯磨き粉は補助的な意味合いが大きいですが、その成分や効果も様々。自分に合った歯磨き粉を見付けましょう。

歯磨き粉に含まれている成分

歯磨き粉に含まれている成分

歯磨き粉には虫歯を予防するためや、歯周病を予防するためなどの成分が配合されています。

研磨剤

炭酸カルシウムや、リン酸水素カルシウムなどのことで、歯垢や茶渋などの歯の汚れ(ステイン)を落とす効果があります。

発泡剤

界面活性剤などのことで、歯磨き粉を泡立ちやすくします。泡立つことで、歯磨き粉が口の中により行き渡ります。

香味剤

香料や、メントール、オレンジ油などがあります。口の中に入れる物ですから、香りや爽快感をもたらし歯磨きをしやすくする効果があります。

薬用成分

フッ化物をはじめとした薬用成分は、医薬部外品の歯磨き粉の多くに配合されています。

その他

粘結剤、浸透剤、湿潤剤、防腐剤など、歯磨き粉その物の状態を保つ成分も含まれています。

歯磨き粉の正しい量

歯磨き粉の正しい量

歯ブラシのブラシ部分すべてに歯磨き粉を出す必要はありません。使いすぎると、泡立ちが良すぎて上手に磨くことができません。また香味剤の影響で爽快感が増し、よりスーッとすることで、ちゃんと磨けていなくても磨けた気分になってしまうこともあります。

適量は、ブラシ部分の半分以下、3分の1程度にしましょう。

歯磨き粉の効果

主な効果をご紹介します。

フッ素の塗布

フッ素の塗布

現在、市販されている多くの歯磨き粉にはフッ素が含まれており、歯磨きにより歯に塗布されます。そして歯の再石灰化を促進し、初期の虫歯であればフッ素により治癒できる可能性があります。

また、歯にコーティングされることで、歯を虫歯になりにくくしてくれます。

歯磨き粉とは別に、ジェルタイプのフッ素もあります。歯磨き後の仕上げに歯に塗布してフッ素をコーティングします。

キシリトール

フッ素と同様に、歯の再石灰化を促進して、虫歯になりにくい歯にする効果があります。

ステインの除去

お茶やコーヒー、カレーライスやタバコなど、歯の表面についてしまう着色汚れのことをステインと言います。このステインを歯磨き粉に含まれる研磨剤で、多少落とすことができます。

知覚過敏の防止

虫歯になっていなくても、歯ブラシがあたると痛みを感じたり、冷たい飲み物を飲むとしみたりすることを知覚過敏と言います。

知覚過敏は自然に治ることもありますが、専用の歯磨き粉を使うこともおすすめです。硝酸カリウムなどの刺激が伝わりにくくなる成分により、症状が緩和されることが期待できます。

薬用成分

イソプロピルメチルフェノール(IPMP)やε-アミノカプロン酸、ラウロイルサルコシンナトリウム(LSS)など、主に殺菌剤や抗炎症剤の働きがある成分が配合されています。歯周病や歯肉炎の予防などに効果があります。

薬用と表示してあっても、薬ではないので虫歯や歯周病を治癒する効果はありません。医薬部外品です。あくまで予防や緩和が目的なので注意しましょう。