施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯の手入れの道具あれこれ



歯磨きは習慣として行なっている人は多いと思われますが、歯ブラシ以外の道具を併用している人は少ないかもしれません。歯間ブラシやデンタルフロスなどを使えば、歯垢除去率が上がり、歯周病対策にもつながります。

歯ブラシ+アルファ

歯ブラシ+アルファ

歯ブラシと組み合わせて使えばより効果的に歯垢を除去し、口の中を健康に保つことができるアイテムをご紹介します。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯と歯茎の境目をきれいにする道具で、虫歯の治療をしたところや、歯が抜けたままになっているところなどにも使えます。

大きさや形も様々ですから、可能であればかかり付けの歯科医に相談して選びましょう。

サイズ

一般的に5種類のサイズがありますが、慣れるまでは小さめのサイズから使い始めることをおすすめします。使いたい部位や歯茎の状態にもよりますが、歯間ブラシを入れたときに、痛くない程度で歯茎に適度な刺激があるくらいのサイズが適当です。入れたときにスカスカだったり、逆に痛くて入らなかったりする場合はサイズを替えましょう。

歯と歯の間の大きさは前歯と奥歯とでは違うので、その歯ごとに歯間ブラシのサイズを替えるのがベストです。または、まず小さいサイズの歯間ブラシですべての歯と歯の間に挿入し、隙間が大きい歯間だけ大きいサイズの歯間ブラシを使うのも良いでしょう。

使い方

形にはI字型とL字型がありますが、基本的な使い方としては同じです。歯と歯の間に挿入して前後に動かします。軽く押し込んでも入りにくいときは差し込む方向を変え、スムーズに入る方向を探しましょう。

奥歯の場合は、口を大きく開けず歯を軽く噛み、歯間ブラシを頬の内側に入れてから、ブラシを歯と歯の間に挿入します。

注意点

力まかせに押し込んではいけません。歯間ブラシの中にある針金が曲がってしまい使えなくなりますし、歯や歯茎を傷付けることにもなります。

鏡を見ながら行ないましょう。

デンタルフロス

デンタルフロス

歯ブラシでは届かない、歯と歯の接触点の歯垢や入り込んだ食べかすを取り除くことができます。

使い方

左右にゆっくりと動かしながら歯面から接触点を通過し、歯茎の方まで動かしていきます。歯茎の少し上でフロスを歯に巻き付けるようにしてこすります。取り外す際も同じようにゆっくりと動かしながら。

注意点

よくある失敗が、デンタルフロスを入れすぎてしまい歯茎を傷付けてしまうことです。予防としては鏡を見ながらゆっくりと行ないましょう。

タフトブラシ

タフトブラシ

コシが強く、短く細い三角形の独特な形をしています。柄の先端が少し曲がっているので奥歯の裏側にブラシが届きやすいです。また、歯と歯の間や歯と歯茎の間、歯並びが悪く歯が重なっているところ、子どもの凹凸のある歯などを磨くことにも向いています。

洗口液

洗口液

歯磨きあとに使用することで、口の中の細菌の繁殖を防ぐ効果があります。使い方は、歯磨きあとに適量を口に含んですすぐだけなので簡単です。口臭予防やウイルス感染予防にも期待できます。