施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

歯科病院・医院情報

歯科でブラッシング指導を受ける意味



検診やメンテナンスを受ける前に、その指導がなぜ大切なのか、どのような意味があるのかということを知っておきましょう。自分の歯に対する考え方が変わるかもしれません。

歯磨きは量より質

歯磨きは量より質

「歯みがきは毎日やっている」という人は多いかもしれません。さらには「食後と3回と就寝前1回、合計4回も歯みがきをしているから問題ない」という人もいるかもしれませんが、歯磨きは回数ではなく「質」です。どの場所をどんな磨き方をするかが重要なのです。それをブラッシング指導で学べ、確認することができるのです。歯磨きには一人ひとりクセがあることが多いです。そのため磨き残しも多少あります。専門知識は専門家から教わりましょう。

歯磨きで磨き残しやすいところ

歯磨きで磨き残しやすいところ

「あのやわらかい歯垢が、なぜ歯磨きでとれないのか」と疑問に思うかもしれませんが、歯の形がその原因のひとつなのです。2~3本の歯に平行して歯ブラシを動かすのであれば、表面は磨けたとしても歯と歯の間はいっこうに磨けません。裏側となれば、歯ブラシを入れる角度も異なりますから、歯と歯の間はますます磨けません。

歯と歯茎の間も同様の理由で磨き残しができてしまします。

なぜ歯垢(プラーク)は落としにくいのか

歯垢の特徴とともに、落としにくさの原因を解説します。

やわらかさ

なぜ歯垢(プラーク)は落としにくいのか

歯垢は、歯ブラシの毛先が当たるだけでもある程度は落ちます。しかし磨き残しは発生します。

例えば歯の表面全体に歯垢がついていたとしても、1枚の紙のようにその全部がつながっているわけではありません。そのため歯ブラシの毛先が当たった箇所だけの歯垢が落ち、歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯垢は残ったままなのです。

粘性

歯垢の中にはたくさんの細菌が含まれています。その細菌は粘り気がある物質を出すことで、歯に留まろうとします。さらには付近の歯垢や歯と歯のすき間、葉と歯茎の間にねっとりと絡み付き、離れません。これをバイオフィルムと呼びます。

歯と同じ白色

歯垢は歯とほぼ同じ白色をしているため、鏡で見ても見付けづらいです。歯と歯の間にこんもりとたまっているなら別ですが、少量の付着であれば染め出し剤などを使用しない限り肉眼での発見は難しいです。

染め出し剤で事前にセルフチェック

染め出し剤で事前にセルフチェック

口の中を真っ赤にしながら、歯磨きの出来をチェックすることができる染め出し剤。小学校の健康診断や歯科で、一度は使用した経験があるのではないでしょうか。

簡単で効果的に、視覚的に、自分の歯磨きのクセや磨き残しについて自覚することができます。歯科で購入できる物からインターネット販売している物まであるので、一例をご紹介します。

錠剤タイプ

1錠を口の中で噛み砕き、細かくしてから舌で歯の表面全体に塗ります。飲み込んでもしまっても問題ない物もあります。

ジェルタイプ

歯ブラシに適量を取って歯に塗ります。そのまま磨かないように注意しましょう。

液体タイプ

適量を口の中に含み、水で口の中をすすぐように液体を回します。

患者側から積極的に

患者側から積極的に

治療時や検診時にブラッシング指導がなければ、積極的に確認しましょう。特にPMTCのみの検診ではもったいないです。例え別料金がかかるとしても、ブラッシング指導は受けましょう。プロの指導はそれくらい価値がある物なのです。

ホームケアあってこそのブラッシング指導

ホームケアあってこそのブラッシング指導

歯を健康に保つには、毎日の歯磨きが基本となります。それは検診の前も治療のあとも同じことです。そのことを理解して毎日のケアを行なってから、取りきれなかった歯垢についてブラッシング指導を受けたり、PMTCなどでクリーニングしてもらったりすることで、より効果が得られるでしょう。