施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

定期的な歯科検診・メンテナンスの必要性



歯の健康を保つための予防は、治療以上に大切であるとも言えます。通常は痛みや出血などの症状が出てきてから歯科を受診しますが、症状が出る前、治療が終わったあとにも歯科を受診することをおすすめします。

定期的な予防の効果

定期的な予防の効果

定期的な検診やメンテナンスが予防歯科、デンタルドックなどと呼ばれています。総合病院では専門の科を設けているところもあります。

まず、虫歯を早期に発見できることが期待できます。自宅で正しく歯磨きができているかが確認できるブラッシング指導も、予防に効果的です。

虫歯などの治療後も重要です。それは、悪い歯が1本できてしまったということは毎日の歯磨きの仕方など何かに問題があるので、それを予防歯科で解決しなければ、また虫歯が発生する可能性があるからです。

そのために、歯科医師としっかりコミュニケーションをとりましょう。治療後の過ごし方などの説明や啓発をしてくれますが、分からないことがあったり説明不足だと感じたりすれば、積極的に聞くべきです。

加齢によっては噛み合わせがずれてきたり、歯と歯茎が不安定になってきたりするので、検診ではその確認もできます。

検診の目安は3ヵ月~半年に1回

検診の目安は3ヵ月~半年に1回

大人の虫歯は子どもよりも進行が遅く、歯周病の場合の急性でなければ数ヵ月で劇的に悪化することはありません。

定期的な検診を繰り返して、歯と歯茎が健康に保たれているのであれば、歯科医師から検診間隔を延ばす提案があるかもしれません。

ですから3ヵ月から半年に1回が目安の間隔です。治療ではありませんから、自分のペースで無理なく来院できる間隔にすることも大切です。

具体的な診察や指導

具体的な診察や指導

実際に検診に訪れたときの、具体的なメンテナンス内容をご紹介します。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯磨きの回数や所要時間、歯ブラシ種類や持ち方などの指導を受けることができます。

「スクラビング法」や「バス法」、「ローリング法」など磨き方は様々です。

PMTC

PMTC

「professional mechanical tooth cleaning(プロフェッショナル マシニカル トゥース クリーニング)」の頭文字から付けられた名称で、歯科衛生士などの専門家による専用機器を使った歯のクリーニングのことです。磨き残しや歯ブラシでは磨きにくい歯と歯茎の間などを磨き上げ、歯に付着したプラークやステインを除去します。

使う機器は、ラバーカップやポリッシングブラシなどゴム製や樹脂製のやわらかい素材の物ばかりなので安心です。

費用は1,000円程度の歯科もあれば5,000円かかる場合も。事前に確認しましょう。

フッ素の塗布

フッ素の塗布

PMTCなどのクリーニングをしたあと、仕上げとして歯にフッ素を塗布します。フッ素が歯に取り込まれることで、歯が再石灰化し、酸に強い歯となります。これにより虫歯菌が酸を作ることを抑制し、虫歯予防に期待できます。

歯石除去

歯石除去

歯の周りにある虫歯菌や歯周病菌が集まった物が歯垢。それに唾液のカルシウムなどが付き、歯の周りの固い石状となり現れるのが歯石です。

歯石には多くの細菌が含まれ、放置すると虫歯や歯周病の原因にもなります。歯ブラシでは取れないことが多いので、見付けたらすぐに除去してもらうことをおすすめします。

歯科によりPMTCの一部に含まれることもあります。