施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科衛生士とは



歯科衛生士とは、主に歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の3つの役割を担う専門職であり、歯科衛生士になるためには、養成期間で3年以上にわたる知識と技術の習得後、国家試験に合格する必要があります。

歯科衛生士の定義

歯科衛生士の定義

歯科衛生士法の第1条では、歯科衛生士の任務を、「歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的とする」と定義づけています。

歯科衛生士の業務

歯科衛生士の業務

歯科衛生士法の第2条では、歯科衛生士の業務として下記のように定めています。

厚生労働大臣の許可を受けて、歯科医師(歯科医業をなすことのできる医師を含む)の直接の指導の下に、歯牙及び口腔の疾患の予防処置として次に掲げる行為を行なうことを業とする女子をいう。

  • 歯牙露出面及び正常な歯茎の遊離縁下の付着物及び沈着物を機械的操作によって除去すること
  • 歯牙及び口腔に対して薬物を塗布すること。

仕事の内容は次の三つの業務に大別されます。

歯科予防処置

歯科予防処置

歯科の二大疾患である虫歯と歯周病を予防するため、フッ化物などの薬物塗布や、プラークと呼ばれる歯垢や歯石の除去といった処置を行ないます。人が歯を失う原因の約9割が虫歯と歯周病が原因といわれるため、この予防処置は自分の歯を保つために欠かせません。

歯科診療補助

歯科診療補助

歯科医師を中心としたチーム医療で歯科診療が行なわれる中、歯科衛生士は歯科医師の指示を受けて治療の一部を担当します。サポート行為は多岐にわたり、義歯や矯正装置をつくるための歯型づくりや、口腔内の清掃、薬の調合、機器や器具の準備なども含まれます。

歯科保険指導

歯科保険指導

虫歯や歯周病の多くは生活習慣によってもたらされます。歯科衛生士は、虫歯や歯周病になりにくい、正しい生活習慣やセルフケアを身に付けるための、専門的な支援や指導を行ないます。歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導の他、寝たきり者や要介護者などに対する訪問口腔ケア、食べ物の食べ方や噛み方を通した食育支援、高齢者のための摂食・嚥下機能訓練など様々です。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるためには、高等学校を卒業後、歯科衛生士養成機関である専門学校や短期大学、大学へ進学し、歯科衛生士に必要な知識と技術を習得する必要があります。これまで修業年限は2年制以上でしたが、歯科衛生士学校養成所の指定規則の一部改正にともない、2005年(平成17年)4月1日までに、すべての養成機関が3年生以上になりました。

養成機関を卒業すると歯科衛生士国家試験の受験資格が得られ、毎年3月に実施される国家試験に合格すると、歯科衛生士免許証が与えられます。

日本歯科衛生士会

日本歯科衛生士会

日本歯科衛生士会は、都道府県歯科衛生士会との連携のもと、歯科衛生士の資質の向上及び倫理の高揚ならびに歯科衛生の実践に根ざした学術研究の振興を推進し、あわせて、歯科衛生の普及啓発を図ることにより、国民の健康と福祉の増進に寄与することを目的とする団体であり、1951年(昭和26年)10月に設立されました。

現在は歯科衛生士を対象とした研修事業や、学術大会の開催、大規模災害被災地の支援などの様々な活動を行なっています。