施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

歯科口腔外科とは



歯科口腔外科とは、口腔に生じる疾患の治療を専門にする歯科であり、歯周病、舌がん、顎関節疾患などを治療対象とします。また、外科的疾患の他にも、口腔粘膜疾患や口臭症などの内科的疾患も診察領域とし、病院の中にはインプラント(人工歯根)に対応するところもあります。

口腔外科の対象疾患

口腔外科の対象疾患

病院によって異なりますが、口腔外科では主に下記のような疾患を診療の対象としています。

歯や歯周疾患

歯があるのに顎骨の中に埋まったままの「埋伏歯(まいふくし)」や、親知らずによる炎症である「智歯周囲炎」など

炎症

虫歯や歯周病の影響で、組織の中に膿がたまった「膿瘍(のうよう)」や、歯髄の炎症である「歯髄炎」、感染が顎全体へと広がった「顎骨炎(がっこつえん)」など

顎顔面の外傷

交通事故やスポーツ外傷などによるあごや顔面の骨の「骨折」、歯の「打撲」、「脱臼」、歯が折れる「破折(はせつ)」、歯槽の中に歯がめり込む「嵌入(かんにゅう)」など

腫瘍

歯の芽の中のエナメル器と呼ばれる部分が腫瘍化する「エナメル上皮腫」、歯の芽の形成異常を原因とする「歯牙腫(しがしゅ)」、その他の良性腫瘍、口腔がん、悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)、悪性リンパ腫、悪性唾液腺腫瘍など

口唇裂、口蓋裂などの先天異常

口腔と顎に発生する先天性の形態異常である「口唇裂(こうしんれつ)」や「口蓋裂(こうがいれつ)」、舌の下にある「小帯異常」、出生後1ヵ月以内に歯が生える「先天性歯」など

骨格性の不正咬合

顎の発育異常である「顎変形症(がくへんけいしょう)」など

口腔粘膜疾患

口腔に見られる白い角化性の病変である「白板症(はくばんしょう)」、菌の感染により起こる「口腔カンジタ症」、「手足口病」のようなウイルス性疾患など

嚢胞(のうほう)

歯根に袋状の病変ができる「歯根嚢胞(しこんのうほう)」、唾液の出る管に袋状の病変ができる「粘液嚢胞(ねんえきのうほう)」など

顎関節の疾患

顎を動かしたときに違和感を感じる「顎関節症」、いわゆる顎が外れた状態の「顎関節脱臼」など

その他

虫歯や歯周病を原因とする「口臭症」、病変がないものの舌に痛みを感じる「舌痛症(ぜっつうしょう)」など。インプラントに対応する口腔外科も少なくありません。

口腔外科受診の流れ

口腔外科受診の流れ

一般的な口腔外科の受診の流れをご紹介します。

①診察予約
口腔外科の多くでは、予約制を採用しています。診療受付時間を確認し、電話で予約をしましょう。なお、一般歯科の紹介により来院する場合は、紹介状も忘れずに持っていきます。
②口腔外科の歯科治療
医師によるカウンセリングを行なわれ、必要に応じてレントゲンやCTなどで検査をします。その結果をもとに症状を診断し、治療や手術の計画が立てられます。治療期間は症状により異なりますが、一通り治療が完了しても、定期的に通院し経過観察をするのが一般的です。
③会計
診察・治療後は待合室で待機し、名前を呼ばれた後に会計をします。院外処方せんを交付された場合は、病院外の処方せん薬局で薬を受け取る必要があります。なお、会計時に必要に応じて再診の予約を行ないます。

日本口腔外科学会

日本口腔外科学会

口腔外科学に関する研究の進展と知識の普及を図り、国民の健康増進に資することを目的とした公益社団法人で、1933年(昭和8年)に設立されました。日本の歯科関係の学会としては最も古い歴史を持っています。専門医制度を設けており、学会の厳正な審査、専門医試験に合格した歯科医師を「口腔外科専門医」に認定し、口腔外科医療の発展と水準の向上を図っています。