施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

小児歯科とは



小児歯科とは、成人するまでの患者を専門に、診断や治療をする歯科を指します。虫歯の治療だけではなく、虫歯予防や健全な永久歯の発育を目指し、口内の健康を保つための指導も行ないます。患者本人とともに、親への歯科指導を行なうのも特徴と言えるでしょう。

子どもの歯が大切な理由

子どもの歯が大切な理由

乳歯はいずれ抜け落ち、永久歯に生え変わるため、かつては小児歯科の重要性がそれ程認識されていませんでした。しかし近年は、乳歯の時期からすでに、かむ行為が知能の発達に影響があるという研究や、かむことによって分泌が促される唾液が、殺菌・消化能力により元気な身体をつくるという報告があり、永久歯に生え変わる前から、口の中の管理、治療、予防に努めることが、将来的な健康維持のために大切だという考え方が一般的になっています。

小児歯科で大切な歯磨き

小児歯科で大切な歯磨き

小児歯科で特に大切なのが正しい歯磨きです。乳児期前半から、顔や口のまわりを触るなどのスキンシップをして、指で触られることに慣らしておきましょう。また、生歯が見えてきたら、歯磨きを始めますが、いきなりブラシ磨きをすると抵抗をすることもあるため、ガーゼを使って歯を拭くなど、少しずつ歯磨きに慣れるようにしましょう。幼児期前半までは正座をした膝の上に子どもを仰向けに寝かせて磨く「寝かせ磨き」がおすすめです。

6歳ごろに初めて生える永久歯を「6歳臼歯」と呼びますが、生え始めたのに気付きにくく虫歯になりやすいため、特に注意して磨くように指導しましょう。フッ化物の塗布などを併用するのもおすすめです。

小児歯科受診の流れ

小児歯科受診の流れ

一般的な小児歯科の受診の流れをご紹介します。

①受診の前に
子どもにとって歯科は決して好ましい場所ではありません。かと言って、嘘をついて連れて行くと、かえって嫌がる原因になります。小さい子どもの場合は体力のある午前中に、なるべくリラックスできるよう子どもが好きな本などを持ち込むのも一案です。
②診察予約
小児歯科の多くでは、予約制を採用しています。診療受付時間を確認し、電話で予約をしましょう。なお、初診は予約不要としている病院もあります。
③小児の歯科治療
大人の治療と大きく違いはありませんが、虫歯は削って金属もしくはプラスチックを詰める治療法が基本となります。乳歯をきれいに保つことが、美しい永久歯につながるため、小さな虫歯でも見逃さないようにしましょう。
④会計
診察・治療後は待合室で待機し、名前を呼ばれた後に会計をします。化膿止めなどの院外処方せんを交付された場合は、病院外の処方せん薬局で薬を受け取る必要があります。なお、会計時に必要に応じて再診の予約を行ないます。

日本小児歯科学会

日本小児歯科学会

小児歯科医療の発展と向上を目的とした一般社団法人で、1963年(昭和38年)に設立されました。会員である歯科医の学問的・技術的向上、さらに小児歯科学のシンポや知識の普及に貢献し、医療に関する学術分野ならびに国民の福祉と医療の発展に寄与しています。学会では専門医制度を設けており、小児歯科学に関する一定の知識と技術をもった歯科医を「日本小児歯科学会専門医」として、学会ホームページで情報提供をしています。