施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

歯科病院・医院情報

矯正歯科とは



矯正歯科とは、歯並びやかみ合わせの改善を目的とした診断や治療を専門とする歯科を指します。歯を抜いたり、削ったり、被せ歯を使用して見た目をきれいにする審美歯科と異なり、自分の歯を使って治療を行なうのが特徴です。かみ合わせが悪いと、頭痛をはじめとする体調不良の原因になることもあるため、歯科医と十分に相談の上、治療を進めましょう。

矯正の種類

矯正の種類

歯並びをきれいにする方法を「歯列矯正」と言い、大きく小児矯正と成人矯正に分けることができます

小児矯正

子どもの矯正は、あごや骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階に分けられます。1期治療は永久歯が生えそろう前に行なうのが一般的です。

成人矯正

小児矯正の2期治療と同じで、永久歯が生えそろった人を対象とした歯列矯正です。近年は治療技術の発達により、年齢を問わず歯列矯正が行なえるようになっています。

外科矯正

顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い場合、顎の骨の手術を含めた矯正治療を行なうことがあります。これを外科矯正と言い、顎変形症と診断された人は条件により健康保険も適応されます。

矯正歯科で治療する歯並び

矯正歯科で治療する歯並び

かみ合わせが悪い、歯並びが悪いとひとえに言っても、実は様々な症状があります。ここでは歯並びの症状別事例を見てみましょう。

叢生(そうせい)

「乱ぐい歯」、「でこぼこ歯」とも呼ばれ、歯が不ぞろいに生えている状態。歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病にもなりやすい状態です。

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛んだときに上の歯が下の歯に被さり、正面から見ると下の前歯が見えない状態です。

開咬(かいこう)

過蓋咬合とは逆に、奥歯がかみ合っている状態にもかかわらず、前歯に隙間ができている状態です。

下顎前突症

かみ合わせたときに、下顎にある歯が上顎にある歯よりも前に出ている状態で、受け口とも呼ばれます。

上顎前突症

出っ歯や反っ歯(そっぱ)とも呼ばれ、上顎の前歯の先端部が前に突き出している上体です。

八重歯

通常の歯列から一部だけはみ出した歯が生えている状態を指します。永久歯が生えるときにスペースが確保できないときや、遺伝的な要因で生じるといわれます。

すきっ歯

歯と歯の間に隙間がある状態。食事の際に物が詰まったり、歯石がたまりやすい症状です。

矯正歯科受診の流れ

矯正歯科受診の流れ

一般的な矯正歯科の受診の流れをご紹介します。

①診察予約
矯正歯科の多くでは、予約制を採用しています。診療受付時間を確認し、電話で予約をしましょう。なお、初診は予約不要としている病院もあります。
②歯科医師による診察
診察室で患者から症状を聞き、口の中の様子を診ていきます。必要に応じてX線検査などを行ない、歯の詳しい状態を診ます。そのあと、治療の開始時期や方法、費用などの説明を受けます。
③矯正治療
矯正資料計画に基づき、治療が開始されます。矯正装置を装着し、同時に虫歯予防のための歯磨き指導などが行なわれます。定期的に通院し、必要に応じて矯正装置を調整します。
④会計
治療費は初診料や診断料、装置料の他、通院時にチェック料などが必要となります。支払いは多くの矯正歯科で現金一括や分割、クレジットカードに対応しています。治療前に支払いをするケースが多いようです。

様々な矯正装置

様々な矯正装置

矯正装置というと、かつては歯にワイヤーを付けて、数年かけて歯列を整える方法が一般的でしたが、近年は様々な方法から選ぶことができるようになっています。従来のメタルブラケット(銀色の装置)の他、セラミックを使用して目立ちにくくした装置や、歯の裏側に付ける装置も選ぶことができます。それぞれにメリットやデメリットがあり、費用も異なるため、歯科医と相談の上、自分に合った方法を選びましょう。