施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

今日から始める予防医学 いろんな病気に先手必勝!



「予防医学」とは、病気を未然に防ぐ学問です。現在、日本人の病的死亡原因は、がん、心疾患、脳血管疾患が上位となっています。これらは、生活習慣病に起因していますが、いまだに根本的な治療法は確立されていません。食生活や生活習慣などを正して、病気にならないような心身をつくることが大切です。

病気になってから治すという「治療医学」に対し、病気にならないように予防するのが「予防医学」です。より広い意味で、発病予防、傷害予防、寿命の延長、身体的・精神的健康の増進を目的としています。

予防医学の分類

予防医学の分類

現在では、病気の予防だけでなく、病気の進展を抑制すること、病気の再発を防止

することも予防であるとされています。予防医学は、「一次予防」、「二次予防」、「三次予防」に分類されます。

①一次予防
生活習慣病の多くは、糖尿病、高血圧、高脂血症を伴っています。それらに関係しているのが肥満です。適正な食事や運動不足の解消、ストレスケア、禁煙、体重管理など健康的な生活習慣を続けることで、生活習慣病を予防することなどが一次予防です。一次、二次、三次予防のうち、最も効果があるのは一次予防です。生活習慣の改善、生活環境の改善、健康教育による健康増進を図り、予防接種による疾病の発生予防。事故防止による傷害の発生を予防することなどがこれにあたります。
②二次予防
早期発見・早期対処・適切な医療と合併症対策、重症化すると治療が困難、または大きなコストがかかる疾患を早期に発見・処置することが二次予防です。健康診断や人間ドックで、発生した疾病を早期発見し、早期に治療や保健指導などの対策を行ない、疾病や傷害の重症化を予防することなどがこれにあたります。
③三次予防
リハビリテーション治療の過程において保健指導やリハビリテーションなどによる機能回復を図るなど、社会復帰を支援し、再発を防止することに努めます。肉体的な機能回復や介護予防などだけではなく、精神的な健康の支援も必要とされています。

予防医学の今後

予防医学の今後

一次予防、二次予防、三次予防を実践するには、医学以外の多くの分野と連携して確立されることが期待されます。特に、代替医療との連携が必要です。日本では、戦前戦後と、一次予防、二次予防は、学校や地域、会社など公的な保健活動として行なわれてきました。

現在、個人レベルで「治療」から「予防」の時代に変化し、セルフケア時代の到来です。今後は、発病前の予防はもちろん、発病後も治療一辺倒だけではなく、発病後の予防医学がますます重要になっています。

①予防医学の必要性
高齢化社会を迎えた日本では、高齢者の増加に伴い、2割から3割に増えた健康保険の自己負担も、さらに増える可能性があります。病気になれば治療費はかかり、深刻な疾患の場合は、手術費や入院費などを負担しなければいけません。健康を維持するメリットは言うまでもないでしょう。
②予防医学の実践
予防医学を実践する上で、西洋医学と代替医療の相互補完が必要です。西洋医学は早期がんの治療や急性感染症に優れており、二次予防にあたります。代替医療の多くは、人間が持つ自然治癒力を高める物や、ストレスや緊張を緩和する物など、一次予防、三次予防に有用な物もあります。