施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

特定検診って何? 40代から始める生活習慣病対策



2008年(平成20年)4月から40~74歳までの医療保険加入者を対象に、「特定健診(特定健康診査)・特定保健指導」がスタートしました。目的は、生活習慣病の発症を未然に防ぐため、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者や予備軍を見付け出し、しっかりと指導を行なうためです。

予防医療の必要性

予防医療の必要性

高齢化が進むにつれ、かかりやすい病気も変化しています。2008年の国民の死因の約6割は、生活習慣病に関係があると言われます。がんを除く高血圧や糖尿病などに起因する心臓疾患や脳血管疾患などによる死亡は、3割程度となっています。また医療費の増加要因にも、生活習慣病は大きく関連しています。

年々増え続ける医療費を抑えるための近道は、病気の予防です。病気を予防したり、悪化を防ぐ「疾病管理」を行なったりすることは世界的な近年の傾向です。特定健診と特定保健指導が行なわれることで、日本でも生活習慣病に関する疾病管理がスタートしたと言えるでしょう。疾病管理によって、医療費削減が可能になるとも言われています。

生活習慣病予防のために

生活習慣病予防のために

日本の医療費財源が厳しくなるにつれて、疾病管理の重要性は増すばかりです。厚生労働省は目標として、2015年(平成27年)までに医療費を25%程度削減することをねらっているようです。

ここでは、2008年(平成20年)に始まった「特定健診・特定保健指導」についてご説明します。

特定健診とは

特定健診の検査項目は、以下の通りです。

必須項目

特定健診とは

○質問票(服薬暦・喫煙暦など)

○身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)

○理学的検査(身体診察)

○血圧測定

○血液検査

・脂質検査(中性脂肪/HDLコレステロール/LDLコレステロール)

・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1C)

・肝機能検査(GOT/GPT/γ-GTP)

○検尿(尿糖・尿蛋白)

詳細な健診の項目

以下の3つについては、一定の基準のもと医師が必要と認めた場合に、詳細な検査として実施されます。

○心電図検査

○眼底検査

○貧血検査(赤血球数/血色素量/ヘマトクリット値)

これらの検査の実施後、「腹囲」や「BMI(体格指数)」が基準以上になっているかどうかによって、内臓脂肪の蓄積具合に関する"リスクの測定"を実施します。

基準は、以下の通りです。

・腹囲測定において、男性85cm以上/女性90cm以上

・腹囲測定において、男性85cm未満/女性90cm未満で、BMI25以上

※BMI(体格指数)=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

上記の「検査結果」及び「質問票」の項目に照らし、血糖・血中脂質・血圧・喫煙暦の有無の4つから成る「追加リスク」に該当するかどうかをチェックします。

「特定保健指導」とは

「特定保健指導」とは

「腹囲」と「追加リスクの数」に応じた「特定保健指導」は、「情報提供」「積極的支援」「動機づけ支援」の、3段階に分類されます。「情報提供」は、各検査数値の意味や生活時における注意点などについてなされます。「積極的支援」においては、保健師や管理栄養士らとの面談の中で日常生活を分析し、腹囲や摂取カロリーなどの、具体的な目標数値を設定。

そして、3ヵ月から半年間、食事や運動などの生活習慣改善に取り組み、その実施について電話・Eメール・手紙・FAXなどによる継続的な指導を受け、目標達成を目指します。

一方、「動機づけ支援」においては、最初に面接を一回受け、半年後に生活習慣が改善されたかどうかについての評価を受けます。