施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

単なる業務の効率化だけではない!
病院のIT化は何をもたらす



「医療業界は電子化が遅れている」と言われますが、電子カルテをはじめ、今後IT化が一気に加速しそうな気配です。処方箋や検査依頼書などをシステム化したオーダリングシステムの導入も一般的になりつつあります。今後の医療業界におけるIT導入の広がりについて、注目してみましょう。

電子カルテの導入

電子カルテの導入

日本の電子カルテシステムは、千葉県鴨川市の亀田メディカルセンターによりスタートしました。1995年(平成7年)に本格的な運用が開始されました。さらに1999年(平成11年)になって、島根県立中央病院に電子カルテが導入され、一気に電子カルテブームが起こります。

電子カルテには2種類のシステムがあり、ひとつは院内にサーバを設置し管理するタイプです。大手のソフトウェアベンダーによって開発された高度なシステムで、大病院で多く採用されています。もうひとつは、「クラウド」と呼ばれるインターネット上のサーバを利用するタイプで、利用に応じて費用を支払うシステムです。こちらは診療所を中心に利用されています。

オーダリングシステムとは

オーダリングシステムとは

日本の病院では現在、オーダリングシステムが一般的に導入されています。処方箋や検査依頼書などをシステム化した物で、医師や病院のスタッフが医療上の処置情報を直接入力します。例えば医師がオーダリングシステムを通じて点滴の指示を出したとします。その場合、看護師が点滴を行なうためには、患者のリストバンドのバーコードと点滴のバーコードをPOS(Point of Service)端末で照合されないと、その患者には点滴を打てない仕組みになっています。オーダリングシステムには、主に以下のようなメリットがあります。

①業務の軽減・効率化
医事会計システムと連動させることで、患者情報や診療情報などのデータを相互利用でき、会計時の事務作業を大幅に効率化できます。また、今までは医師が処方箋や検査依頼書などを発行した場合には、各部署へその指示を届ける必要があり、看護婦やスタッフ、ときには患者が持ち運んでいましたが、その必要がなくなります。また、現在ではオーダリングにより使用量を計算し、物品が自動発注される仕組みも整ってきており、経営にITを導入する動きも活発化しています。看護婦やスタッフが本来の業務にいっそう専念できるため、患者へのケアやサービスをより充実することができるでしょう。
②インフォームドコンセント(説明)への利用
検査結果のグラフやレントゲン、CTなどを、検査室に設置した端末で簡単に参照し、患者へのインフォームドコンセント(説明)の際に活用することもでき、サービス向上にもつながります。
③患者の待ち時間の短縮
「受付」→「診察」→「検査」→「投薬」→「会計」という病院業務の一連の流れをすべてコンピュータ化できるため、無駄のない診療や業務を効率的に行なえます。そのため、患者の待ち時間を格段に短縮することができます。
④医療事故の防止など、医療の質の向上
投薬ミスや点滴ミスといった医療事故の発生が年々増加し、社会問題となっています。オーダリングシステムを導入すれば、医師による処方や検査などの指示データを、院内ネットワークに接続された端末を使ってすべて共有できます。
患者の診療データをまとめて管理し、様々な機器やシステムと連動させれば、指示内容の転記間違いや誤入力などを防ぐことができるため、医療事故の防止につながるはずです。