施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

見えない部分を見られる X線検査の仕組み



X(エックス)線検査とは、電磁波の一種であるX線を物質に照射し、撮影した写真で患部の状態を確認する検査法であり、一般的に「レントゲン検査」とも呼ばれます。医療現場ではもちろん、構造物の非破壊検査でも利用されています。

X線とは

X線とは

X線は1895年、ドイツ在住のウィルヘルム・コンラッド・レントゲン博士により発見されました。陰極線の研究をしている途中で偶然に見つかった物で、のちに博士はノーベル物理学賞を受賞しています。波長が1pm~10nm程度の電磁波であり、人体は通り抜けても骨などは通りにくいため、撮影することで写真の濃淡が生まれ、体内の様子を把握することができます。

胸部X線検査について

胸部X線検査について

X線検査の中で最も知られる検査方法が胸部X線検査です。肺や心臓、大動脈といった胸部にある臓器を調べる検査であり、胸部全体にX線を照射して撮影し、影の有無などで異常がないかどうかを調べます。

胸部X線検査の撮影方法

胸部X線検査の撮影方法

立った状態で正面と側面、場合によって寝た状態で横向きの像の撮影を行ないます。技師の指示にしたがい大きく息を吸い込み、止めた状態で撮影をします。息を止めるのは、呼吸により胸部や腹部が動くことを避けるためです。

検査結果の判定方法

検査結果の判定方法

撮影した写真を確認し、部位の大きさや形に変化がないか確認をします。例えば通常の肺より小さく写っている場合は、胸膜に空気が溜まる「気胸(ききょう)」が疑われます。また健康な人の肺は黒く写るため、白い影が写っているときは、「肺がん」や「肺炎」、「肺結核」などの恐れもあります。

心臓が大きく写っているときは「心肥大」や「心拡大」、他にも「心臓弁膜症」や「心筋梗塞」などが見つかることもあります。

その他のX線検査

その他のX線検査

胸部X線検査の他に、腹部X線検査、腰椎X線検査、歯、腕や膝、足のX線検査があります。また大腸に造影剤を注入した上でX線検査をする注腸X線検査もあり、大腸がんや大腸ポリープなどの診断に利用されています。

X線検査の注意点

X線検査の注意点

検査時に身体に金属がついていると検査画像に写りこむため、腕時計やネックレスは外します。また消化管のX線透視検査では事前に絶食の時間を取る必要があります。なお、X線検査は人体に影響のない程度の放射線量ですが、妊娠中や妊娠の可能性がある人は検査ができない可能性もあります。

大きく息を吸い込んでしっかり止めていないと、横隔膜が上がってしまい心肥大を疑われることもあるため注意が必要です。

X線検査の費用

X線検査の費用

X線検査では初診料の他、撮影の枚数ごとに料金が加算されます。また検査で使用する薬剤によって金額が異なるため、同じ病院で同じ検査を受けても、金額が変わってくることがあります。近年はフィルム撮影からデジタル撮影へと以降する病院、診療所も増えています。デジタル撮影の場合は電子化や管理・保存料が別途かかることもあります。原則として医師が検査の必要を認めた物は保険適用となりますが、患者側が病気とは関係なく調べるX線検査は保険適用外になることもあります。