施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

主治医・かかりつけ医師を持つと、
どんなメリットがあるの?



地域に根ざした医療を第一に担い、一般的な病気の初期治療や健康管理、予防接種、相談などに対応してくれる「かかりつけ医」。入院を必要とするような重度の病気や高度な検査が必要な場合は、適切な病院や医師の紹介もしてくれます。かかりつけ医は、なくてはならない一生涯の健康パートナーと言えるでしょう。

かかりつけ医ってどんなお医者さん?

かかりつけ医ってどんなお医者さん?

かかりつけ医とは、家庭の日常的な診療や健康管理をしてくれる身近なお医者さんのことです。風邪などの日常的な病気にかかったときや体の不調などちょっとした症状が気になるとき、また健康診断や人間ドックなどで異常を指摘されたときなど、わざわざ遠くの病院に行くのではなく、近所の診療所を訪れることが多いでしょう。それが、かかりつけ医です。

主治医・かかりつけ医のメリット

主治医・かかりつけ医のメリット

主治医・かかりつけ医が必要なのは、次のようなメリットがあるからです。

  1. 風邪など軽度の病気でも気軽に受診できて、健康上の相談もしやすいです。基本的に家から近い診療所を選んでおくことで、遠くまで足を運ぶ煩わしさもありません。
  2. 主治医として、自分や家族の病歴などを細かく把握してもらえて、家族全員の健康を任せることができます。また、いざというときにもすばやい対応をしてもらえます。
  3. 一人の医師と長く付き合うことで、自分の病歴や体質などを十分に理解してもらった上で診察してもらうことができます。病気の早期発見、新たな病気の予防にもつながります。
  4. 急に病気になってから、医療機関を探すのは大変です。普段からかかりつけ医をもっておくことで安心感が得られます。
  5. 入院や高度な検査が必要になった場合は、適切な病院・診療科を紹介してもらうことができます。かかりつけ医でなくても紹介状を書いてもらうことはできますが、かかりつけ医からの方がより詳しい情報を提供でき、普段の状態などもよく把握しているためスムーズです。
  6. 大病院に比べると待ち時間が短く、受診の手続きも簡単です。また、じっくり診察してくれる他、大病院では予約が必要な検査も、すぐにできることが多いです。
  7. 高血圧や糖尿病といった慢性疾患を持っている方は、継続した治療を受ける必要があるので、かかりつけ医をもっておくことが必須になります。