施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

わざわざ病院に行かなくてもいい!「在宅医療」とは



最近では、在宅医療の普及により、酸素療法、人工呼吸療法、人工透析など、従来は病院でしかできなかったことが、自宅でできるようになってきています。また、患者が在宅での療養を希望した場合に在宅医療へスムーズに移行できるようなサポートも増えています。患者のQOL(生活の質)向上を目指すという点においても、在宅医療は重要なカギとなるでしょう。

往診と在宅診療

往診と在宅診療

在宅医療には「往診」と「在宅診療」の2つがあります。

①往診
内患者やその家族の診療の求めに対し、医師が患者の居宅へ赴いて診療を行なうことをいいます。
②在宅診療
居宅で療養している患者に対して、計画的な医学管理のもと、定期的に訪問して診療を行なうことをいいます。

往診・在宅診療ともに通院が困難な患者が対象となりますが、①「往診」のほうが突発的な診療という意味合いを持ちます。在宅医療を担う医療従事者は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士です。

在宅医療のメリット、デメリット

在宅医療のメリット、デメリット

在宅医療のメリットは自宅で療養が継続できるため、QOLの向上につながること。また医療費用も軽減できます。デメリットは安心感の低下や、家族の身体的・精神的な負担の増大が考えられます。在宅医療に移行する際、患者の容体が急変したときの対処法をしっかり確認し、緊急時の連絡体制を整えておきましょう。

今日の在宅医療について

今日の在宅医療について

昨今、患者が自宅で死を迎えることを望むケースが増えています。しかし、社会的なニーズが増加傾向にある一方で、医療政策的な面ではまだまだ遅れをとっています。現在の在宅医療を行なう医療機関やサービスを、まずは知っておきましょう。

①在宅専門クリニック
在宅専門クリニックでは、365日24時間体制で往診や在宅診療を行ない、地域の在宅患者へ医療サービスを提供しています。テレビ電話などで緊急時にすぐに対応できる体制を整えている医療機関もあります。在宅専門クリニックは増加傾向にあり、がんの末期患者が自宅へ帰ることも可能です。利用を希望される場合は、通院している病院の地域医療連携室や担当のケアマネージャーに相談してみましょう。
②在宅療養支援診療所
2006年度の診療報酬改定より、「入院から在宅療養への円滑な移行の促進」を目的とする「在宅療養支援診療所」が新設されました。在宅療養支援診療所は、患者やその家族に対して、病院・診療所・薬局・訪問看護ステーションなどとの連携を図りながら、24時間365日体制で往診や訪問看護を行なう診療所として、地域の在宅医療の中心的な役割を担っています。
③訪問看護ステーション
訪問看護とは、病気や障害を持った人が住み慣れた地域や家庭でその人らしく療養生活を送れるように支援するサービスです。例えば、在宅医療を行なっている医師が、毎日特定の患者のもとへ赴くことは難しいため、看護師が代わりに訪問して点滴や処置を行ないます。24時間365日対応し、在宅での療養生活を支援します。また、医師や関係機関と連携をとり、在宅ケアサービスの使い方を提案します。
訪問看護を利用するにはかかり付け医の指示書が必要となります。訪問介護を担う従事者は、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士です。

介護保険を利用しよう

介護保険を利用しよう

在宅医療では、要介護認定を受けた人は医療保険と介護保険を組み合わせて使います。介護保険の申請は、まず市区町村等の窓口に相談して要介護認定申請をします。そのあと、市区町村職員による訪問調査が行なわれ、介護が必要と判定されれば、サービスが受けられるという流れです。

利用限度額は要介護度によって決められますが、介護認定を受けている人は1割の自己負担額で、下記の介護サービスが受けられます。

  • 医師の往診
  • 訪問看護
  • 訪問介護
  • 訪問・通所リハビリ
  • 訪問入浴
  • 福祉用具レンタル
  • ショートステイ
  • デイサービス