施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

病院・医院情報

医療施設の種類「大学病院」



医学部、歯学部を置く大学に併設されている大学病院。高度で専門的な治療が受けられる他、先端医療の開発や研究、教育機関としての役割も担っています。

大学病院の定義

大学病院の定義

「診療」のための施設である一般の病院とは違い、大学病院は「診療」「教育」「研究」という3つの役割を担っており、6年間にわたる医学生の教育、次世代を担う新治療の開発なども行なっています。

「医学または歯学に関する学部」を置く大学には、教育研究に必要な施設として、付属施設である「付属病院」を置く物とすると、大学設置基準(昭和31年文部省令第28号)第39条により定められています。

歯科や口腔外科など歯学系を中心とした歯学部付属病院を除き、大学病院は一般的に総合病院となっています。また、高度先進医療に取り組むため、特定機能病院の認可を受けていることも多くあります。卒業後研修のため、研修指定病院の認可も得ており、併設された病院は、学生の実習先であり、卒業生の就職先ともなっています。

日本での大学病院の歴史

日本での大学病院の歴史

明治時代になり、政府によって西洋医学が積極的に推進されるようになると、従来のような藩校や私塾での医学教育や、医師の家庭内における東洋医学教育などでは、医師免許を受けることが難しくなりました。そのため、医学教育は病院が付属している教育機関で専門職教育として行なわれるようになりました。

第二次大戦前には、実践的に医師養成を行なう専門学校の医学専門部と、研究に力点を置く大学の医学部などが存在し、それらに病院が付属していました。第二次大戦が終わると、それまでの教育機関が改められ、新制大学が成立。医学部、歯学部に付属病院を置くことが原則となり、「大学病院」、「学部付属病院」という名称が定着しました。

大学病院の特徴

大学病院の特徴

「研究」という役割を担っていることから、高度で先進的な医療体制を整えている場合が多く、複雑な症例の患者が一般病院からの紹介状を持参して訪れるケースも見られます。また、「教育」的な側面も担うことから、経験不足の研修医が治療を担当する、経験豊富な医師が行なう処置を若い医師や学生が見学する、研究段階にある新しい治療法を試されるといったケースもあるため、実験対象にされたという印象を受けたという声も聞かれます。その反面、医師の数が十分なため、手厚い診療体制が可能になるというメリットもあります。

また、医局と呼ばれる組織が大きな影響力を持っています。元々の医局の意味は、医師や歯科医師の執務室や控室のことを指しますが、そこから転じて、主に診療科ごとの人事組織のことを指す場合が増えています。教授を筆頭に、准教授、講師などからなる組織で、人事や研究費の使用などにもかかわりがあり、病院内での人事配置はもちろん、地域医療を担う関連病院への医師の派遣についても、大きな権限を持っていると言われます。医局同士の権力闘争など、マイナス面が多く取り上げられがちですが、医局のネットワークを生かした情報収集など、医師同士の連携に役立っているといったメリットもあります。

2004年(平成16年)に導入された新研修医制度により、自身の希望で研修先の施設を選ぶことができるようになったため、医局に属さず一般病院で研修を受ける医師が増えました。それにより、医局の影響力は低下してきたとも言われています。