施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

末梢神経障害



読み方

まっしょうしんけいしょうがい

特徴

末梢神経障害

末梢神経とは脳や脊髄以外の体中にある神経のことを言います。末梢神経には3種類あり、筋肉を動かす「運動神経」、温度の感覚や痛さ、触覚を伝える「感覚神経」、体の様々な組織や器官の働きを調節する「自律神経」があります。これらの神経に障害が起こることを「末梢神経障害」と言います。さらに末梢神経障害には、全身の末梢神経が障害を受ける「多発神経炎」と、ひとつの神経だけに障害がおこる「単神経炎」、単神経炎があちこちにおこる「多発性単神経炎」に分類されます。
末梢神経障害の特徴として、どの神経にも均等に障害が起こるのではなく、主に感覚のほうに障害が強い「感覚優位」、運動のほうに障害が強い「運動優位」があります。

症状

3種類の末梢神経のうち、「運動神経」に傷害がおこると、筋力が低下するなど筋肉が萎縮し、「感覚神経」に障害がおこると、しびれや痛みがおこり、痛み・熱さ・冷たさなどの感覚が鈍くなってきます。「自律神経」の障害では、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、勃起不全、下痢・便秘などがおこります。

運動神経障害
筋力の低下や、筋肉の委縮があります。
感覚神経障害
痛みやしびれ。また、熱さや冷たさ、痛みなどの感覚が鈍くなります。
自律神経障害
立ちくらみや、排尿障害、発汗異常などがあります。

抹消神経障害の症状はその原因によって様々で、全身の末梢神経に障害が起こることを「多発神経炎」、ひとつだけの神経に起こる障害を「単神経炎」と言います。また「単神経炎」が様々な部位で起こることを「多発性単神経炎」と言います。