施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

病院・医院情報

脳卒中後片麻痺(半身麻痺)



読み方

のうそっちゅうごへんまひ(はんしんまひ)

特徴

脳卒中後片麻痺

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、切れたりして突然起こる脳血管障害を言います。脳の血管が詰まるのを「脳(のう)梗塞(こうそく)」、脳の血管が切れて脳の内部で出血するのを「脳出血」、脳の表面で出血するのを「くも膜下出血」と言います。脳卒中の発作は、高血圧、糖尿病、肥満や喫煙などが原因で起こります。脳卒中の後遺症として多いのが片麻痺です。片麻痺は、運動中枢や神経が障害を受け、片方の手足に麻痺が起こることをいいます。脳卒中が起きた脳の反対側にあらわれるのが特徴です。足よりも腕に麻痺が強くあらわれ、顔面の麻痺を伴う場合が多いです。

症状

右麻痺
頭では分かっているのに言葉にすることができない障害(失語症)を伴う場合が多いです。
左麻痺
自己中心的になる、感情的になるなどの性格の変容が起こることが多いとされています。
麻痺の程度
麻痺をした手で食事をしたり、杖がなくても歩けるなどの軽度なものから、自分の体重を支えられずまったく動けなかったり、痛みの感覚もないなどといった重度のものまであります。